アフリカスミレ

トップページショートエッセイ集2013年 > このページ

(2013.2.10)

ご主人を亡くしたご婦人が、毎日泣き暮らしていました。ご主人の遺したたくさんの財産で、生活には全く困りませんが、ご主人を深く愛していただけに、すっかり生きる意欲をなくしてしまったのです。

相談を受けたカウンセラーは、彼女との対話の中から、珍しいアフリカスミレを栽培していることを知りました。カウンセラーは言いました。「できるだけたくさん、アフリカスミレを栽培してください」。他にやることはないし、とりあえずお金はありましたので、彼女はアフリカスミレの栽培に没頭します。

やがて花が咲くと、カウンセラーはこう言いました。「今度は、それを株分けして、鉢植えにしてください」。彼女はこれも実行しました。

さらにカウンセラーは言いました。「教会に行き、牧師からメンバーの誕生日を記したリストをもらってください。そして、誕生日がきたメンバーに、あなたのアフリカスミレの鉢植えをプレゼントするのです」。

彼女は実行しました。このプレゼントに喜んだ教会の人々は、彼女に感謝を表しました。孤独の中で生きる希望を失っていた彼女でしたが、世代を超えてたくさんの友人が与えられました。そうして、すっかり明るさを取り戻したのです。

「神は愛である」と聖書は記しています。その神に似せて私たちは造られました。私たちは、人を愛するときにはじめて生き生きと輝くようにできています。

Copyright(c) 2013 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.