女形の筋トレ

トップページショートエッセイ集2013年 > このページ

(2013.4.28)

昨年人間国宝に認定された、歌舞伎の女形、五代目坂東玉三郎さんは、普段の稽古の中で武道を取り入れた基礎トレーニングを積み重ねておられるそうです。その鍛え抜かれた肉体は、玉三郎さんの専属トレーナーが、「玉三郎さんのバランスの取れた筋肉は、イチローやタイガー・ウッズに匹敵する」と絶賛するほどです。

女形と筋トレ。何だかイメージが違うような気がしますが、玉三郎さんによれば、男性が、女性をも超えるしなやかな動きをするには、それを支えるための屈強な筋力が必要なのだとか。しかも、女形がボディビルダーのような体型では困りますから、外側の筋肉ではなく、外からは見えないインナーマッスルを鍛えなくてはいけません。

私たちも、しなやかでさわやかな人生を送りたいものですが、それには心の筋肉を強くする必要があります。あなたにとっての鍛えどころはどこでしょうか。

ある方がこんなことをおっしゃいました。自分は、小さい時にあまり親に頼れない環境にあったために、今でも他の人に頼るのが下手である。そこで、イエスさまによって自分が神さまに愛されている大切な存在なのだということを意識しながら、だから必要ならば他の人に助けを求めて良いのだと言い聞かせ、練習しているのだ、と。

この方は、必要な時にきっと他の人に助けを求めることができ、自分一人ではできないようなことも、他の人と協力してできるようになるでしょう。それだけでなく、このことを通して、謙遜を学び、ますます魅力的な人になるに違いありません。

あなたの鍛えどころはどこですか?

Copyright(c) 2013 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.