科学を超えた世界

トップページショートエッセイ集2013年 > このページ

(2013.8.18)

夏休みということで、テレビでは様々な特集が組まれていますが、宇宙に関する番組もたくさんあって、私も楽しんでいます。広大な宇宙が、とても緻密にできているのを知れば知るほど、創造主である神さまの知恵深さと芸術性に驚嘆します。

さて、人間が行なった宇宙開発事業の中でも、月探査を目的としたアポロ計画が特に有名です。1971年に月着陸を成功させたアポロ15号のパイロット、アーウィン大佐は、翌年NASAと空軍を退職すると発表しました。退職後の道を聞かれたアーウィン大佐は、こんなふうに答えました。

「他の仕事にも就きますが、ほとんどの時間を伝道に捧げるつもりです。月旅行によって、私は科学を超えた世界に目が開けましたし、地球というもののはかなさをよく知ることができました。私は、今ほど伝道に積極的な気持ちになったことはありません」。

信仰とは、反理性、反科学ではありません。理性や科学を十分に尊重し、なおかつ自分を超えた世界、自分の理性を超えた世界があることを認めることです。

なお、アーウィン大佐がどうして伝道の道に進もうと思われたのかについては、こちらの記事をご覧ください。

Copyright(c) 2013 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.