豪華客船に乗って

トップページショートエッセイ集2013年 > このページ

(2013.10.27)

礼拝式の後、教会の皆さんがお茶をしながら話をしておられました。

ある方(まだクリスチャンではありません)が、神さまの望まれる生き方からは、自分はほど遠い。他の人を見ると、自分はまだまだダメだというようなことをおっしゃいました。

それに対して、別の方が言いました。「日本からアメリカに泳いで渡るとして、ある人は泳ぎが下手で、ほんの数メートルしか泳げなかった。別の人は泳ぎが得意で、何キロも沖まで泳ぐことができた。しかし、アメリカから見れば、二人とも日本沿岸でばちゃばちゃやっているということになる。私たちの目標は天国だから、人と比較するのは意味がないんですよ」と。

さらに別の人が言葉を継ぎました。「そうです。そして、イエスさまを信じるということは、自分は必死になって、太平洋をばしゃばしゃと泳いでいたと思っていたけれど、実は太平洋を疾駆する超豪華客船のプールの中だったと気づくことです」と。

私たちは、自分の力で天国に到達することはできません。イエスさまにお任せしましょう。

Copyright(c) 2013 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.