降りてこなかったわけ

トップページショートエッセイ集2014年 > このページ

(2014.5.18)

先日、「マタイの福音書」というDVDを観ました。笑ったり、泣いたり、怒ったり、喜んだりという、イエスさまの激しい感情表現が印象的な映画でした。

以前、イエスさま役で主演したブルース・マルチアーノ氏の証しを聞いたことがあります。彼は、17才の時から教会学校に行っていましたが、特にイエスさまとの個人的な関係を持ってはいませんでした。十字架の重要性についても、教会で教えられてはいましたが、彼にはまったく分かっていなかったそうです。しかし、この映画に出演したことをきっかけにして、彼はイエスさまを救い主として信じることになります。

この映画の十字架のシーンは、撮影に12時間かかったそうです。そして、マルチアーノ氏は、十字架に9時間もかけられていました。それがどんなに苦しい経験だったか。

そして、ローマ兵役の役者が「お前が神の子ならそこから降りてこい」というセリフを語った時、彼は突然「イエスさまにはできたのだ」と悟りました。もしも、そう願ったなら、一瞬にして十字架から降りることもできたのだ。そうしなかったのは、そして、最後まで苦しんで死んでいったのは、そうすることを積極的に選択なさったからだ。なぜ? そう、この私の罪を赦すため。イエスさまの深い愛がマルチアーノ氏の心いっぱいに満ちあふれ、彼はイエスさまを救い主として信じる決心をしました。

映画「マタイの福音書」は、復活したイエスさまが手招きしているシーンで終わります。イエスさまは、あなたのために十字架にかかる道を選ばれました。あなたも招かれています。

Copyright(c) 2014 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.