いつも味が変わらない店

トップページショートエッセイ集2014年 > このページ

(2014.10.5)

近所にある和菓子屋さんは、大変おいしく、またリーズナブルなので、お客さまがいらっしゃったときなど、よく利用させていただいています。このお店に関しては、「いつも味が変わらない」という評価があります。お店の方は、こういう評価はうれしいとおっしゃっていました。

実は、毎日、砂糖など原料の配合を微妙に変えているのだそうです。気温や湿度によって、人間の味覚が変わるからです。ですから、「いつも味が変わらない」というのは、実はものすごいことなのですね。

たまに親切だったり、たまに愛情深かったりするのは、そんなに難しくはないかもしれませんが、いつも変わらず愛し続ける、親切にし続けるのは大変です。聖書にはこう書いてあります。「愛は決して絶えることがありません」(第1コリント13:8)。聖書の要求する愛は、私の内にはないなあと思わされます。

しかし、こうも書いてあります。「愛する者たち。私たちは、互いに愛し合いましょう。愛は神から出ているのです。愛のある者はみな神から生まれ、神を知っています」(第1ヨハネ4:7)

神さまは決して変わらず私たちを愛してくださっています。たとえ、変わらず人を愛し続けることができない私たちであったとしても。私たち自身がその愛を知る、すなわち味わうときに、私たちの内側にも、他の人への愛が生まれてくるのですね。

Copyright(c) 2014 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.