持っている者

トップページショートエッセイ集2014年 > このページ

(2014.11.2)

学生時代、二人はクラスメイトでした。しかし、時が流れ、一人は大金持ちに、一人は貧乏になりました。久しぶりに道で出くわした時、金持ちが言いました。「俺には、百億くらいの財産があるんだぜ」。すると、友だちはすまして言いました。「俺には、お前よりもっとたくさんの財産があるさ」。金持ちはあきれました。「お前がそんな大金を持っているわけがないだろう」。

しかし、友だちは言い返します。「お前はケチだから、あっても使おうとしない。それでは持っていないのと同じだ。でも俺は、持っているものをどれも無駄にせず、使って使って、使い切る。お前よりも俺の方が使えるものをたくさん持っているのさ」。

ある時、イエスさまはおっしゃいました。「持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っているものまでも取り上げられてしまいます」(マルコ4:25)

実は、神さまは私たちにたくさんのものを下さっています。いろいろな能力、家族、人脈、夢、希望、興味関心、教育や経験……。持っていても、使わなければ持っていないのと同じです。それらを「持っている」として使うか、「持っていない」かのように放っておくか、それは私たちに委ねられています。

あなたにはどんな「財産」が与えられていますか?

Copyright(c) 2014 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.