病者の祈り

トップページショートエッセイ集2015年 > このページ


(2015.5.24)

これは、ニューヨーク大学リハビリテーション研究所の壁に、患者さんが書いたという詩です。
力を与えてほしいと神に祈ったのに
謙虚さを学ぶようにと弱さを授かった

より偉大なことが出来るようにと健康を求めたのに 
より良きことが出来るようにと病弱を与えられた

幸せになろうとして富を求めたのに
賢明であるようにと貧困を授かった

世の中の人々から賞賛を得ようとして成功を求めたのに
得意にならないようにと失敗を授かった

人生を享受しようとあらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いは全て聞き届けられた

神の意に添わぬ者であるにもかかわらず、
心の中で言い表せないものは全てかなえられた

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されていたのだ
聖書の神さまは、私たちの天の父です。そして、私たちの罪を赦して養子に迎えるために、御子イエス・キリストをお与えになるほどに、私たちのことを大切に思ってくださっています。ですから、私たちの本当の幸せのために、最も良いものをくださいます。

私たちの考える最も良いものとは違うことがありますが、長い目で見ると、最も良いものです。

Copyright(c) 2015 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.