敵は内にあり

トップページショートエッセイ集2015年 > このページ

(2015.6.7)

Aさんの奥さんは、アイドルグループ「嵐」の大ファンで、彼らが出演するテレビ番組は欠かさずチェックし、DVDを観たり、彼らの曲を鼻歌で口ずさみながら料理をしたりしていました。そんな奥さんの様子を、Aさんは密かに苦々しく思い、心の中で「今どきの軟弱な奴らじゃないか。そんな奴らのどこがいいんだ」と思っていました。

ところがある時、Aさんはふとこんなことを考えました。「嵐のことなんかよく知らないはずなのに、なぜ俺は嵐を嫌っているのだろう?」と。そして、結局のところ、妻が自分よりも若い男性たちに心を向けていることに対して、嫉妬していたのだと気づきました。

その上で、Aさんは嵐が出演する番組を観てみました。すると、彼らは今まで考えていたよりもはるかに魅力的で、好感の持てる青年たちだと感じたのだそうです(岩井俊徳著「アドラーの教え」大和書房より)。

敵は私たちの周りにではなく、内側にいるのかもしれません。人間関係がぎくしゃくする要因は、私たちの中にあるのかもしれません。嫉妬だったり、恨みだったり、将来に対する不安だったり、劣等感だったり、傲慢さだったり、臆病だったり……。

しかし、神さまが私たちを圧倒的に愛してくださっていることを知れば知るほど、私たちは深い平安を得ることができます。そして、その分だけ、周りの人たちと争ったり、張り合ったりしなくて済むようになります。

「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう」(ローマ8:31)

Copyright(c) 2015 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.