リッチなまま死なないように

トップページショートエッセイ集2015年 > このページ

(2015.8.9)

ロッキー山脈で、金鉱を探し当てようとする2人の男性がいました。彼らは、来る日も来る日も、金を求めて山を掘り続けましたが、いつも手ぶらで帰って来なければなりませんでした。それでも、彼らは期待し続け、掘り続けました。

そんなある時、坑道の奥で、ついに彼らは金を発見しました。それは、巨大な金の固まりでした。そして、それはただの一固まりではなく、その奥にはさらに巨大な金鉱脈が眠っていたのです。彼らは狂ったように掘り続けました。

と、その時、突然轟音と共に坑道の天井が崩れました。たくさんの土砂が二人を襲いました。一人は足にケガを負ったようです。しかし、彼は最初に見つけた大きな金の固まりをしっかりと胸に抱いたままでした。

「おい、大丈夫か?」 もう一人が隙間の向こうから声をかけました。「早く、この穴からこちらにはい出してくるんだ。俺が手を貸してやる。ばかやろう、そんな固まりなんか抱えて動けるわけがないだろう。そんなの放っておいて、早く俺の手をつかめ。もうすぐそこは完全につぶれちまうぞ!」

しかし、ケガをした鉱夫は言いました。「いやだ。こいつは、俺が自分の人生をかけてやっと探し当てたものだ。そう簡単にあきらめられるものか!」

ずずずずずず……。不気味な音がさらに大きくなりました。ケガをしていない方の鉱夫が悲痛な叫び声を上げました。「冗談じゃない。こんな所でお前が死んでしまったら、お前の家族に俺は何て言えばいいんだ!」 するともう一人が言いました。「俺はリッチになって死んだと、みんなに伝えてくれ!」

私たちに、神さまは様々な能力を与えてくださっています。それを使わず抱え込んだまま、いわばリッチになって死ぬのではなく、最後の最後まで使い切り、与え切って天国に帰りたいものですね。

Copyright(c) 2015 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.