何てこった

トップページショートエッセイ集2015年 > このページ

(2015.12.6)

第二次世界大戦で、ドイツのハンブルクの町は、たびたび連合軍の爆撃にさらされました。ある日、礼拝の最中に空襲があり、礼拝に出席していた300名の人々は、地下の防空壕に避難しました。たくさんの爆弾と焼夷弾が落ちて炸裂する音が聞こえます。

しばらくたって、空襲警報解除のサイレンが鳴ったので、人々は鋼鉄製のドアを開けて外に出ようとしました。しかし、どんなに叩いても、打っても、ドアはびくともしません。焼夷弾の高熱によって鉄が溶け、ちょうど溶接されたようになって、全くドアが開かなくなったのです。

このままでは酸素が無くなって、みんな死んでしまいます。牧師は、人々にひざまずくよう指示しました。そして、皆で祈り始めたのです。「主よ、あなたは死よりも強いお方です。どうぞ、奇跡をもって私たちを救い出してください!」

しばらくたつと、別の爆撃隊がハンブルク上空にやってきました。そして、爆弾を投下し始めました。助けを祈り求めたのに、やって来たのは、その日2回目の空襲。もしかしたら、300人のうちの何人かの人は、「何てこった。ますますひどい状況になってしまったじゃないか」と思ったかもしれません。空襲が続けば、それだけ外からの救出が遅れることになるからです。しかし、神さまは、その「何てこった」という状況を用いて、彼らを救い出されました。

投下された爆弾の一発が、あの防空壕のそばに落ちました。中の人々には全く怪我はありませんでしたが、至近で爆発したために、溶接された鋼鉄製の重いドアが吹き飛ばされてしまったのです。安全を確認した後、300人の礼拝者たちは外に出て行き、空襲の炎の明かりの中で、奇跡の神をほめたたえました。

神さまは、あなたの祈りに答えてくださいます。もしかしたら、その答えは、必ずしもあなたの好みに合わなかったり、かえってひどい状況になったと思えるようなものかもしれません。しかし、神さまは決してへまをなさらない方なのです。

Copyright(c) 2015 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.