口癖になるまで

トップページショートエッセイ集2016年 > このページ


(2016.2.28)

キリスト教は、「ことば」を大切にしてきました。世界は神のことばによって造られましたし、私たちの信仰の土台は、神のことばの記録書である聖書です。

ある時、イエスさまはこうおっしゃいました。「あなたが正しいとされるのは、あなたのことばによるのであり、罪に定められるのも、あなたのことばによるのです」(マタイ12:37)

私たちは、自分がどういう言葉を使っているか、時々でもチェックする必要があるのではないでしょうか。

同じような問題に直面しても、「だめだこりゃ」とつぶやくのか、「大丈夫、何とかなる」とつぶやくのかでは、その問題に取り組む意欲も、姿勢も、また結果も違ってくるようです。だめだという言葉は、私たちの内の「だめだ」をますます引き出していき、大丈夫という言葉は、私たちの内の「大丈夫」を引き出すからです。

神のことばはこう語ります。「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています」(ローマ8:28)

私たちの感覚では、不幸の種にしか思えないような状況でも、その背後に神さまの深い知恵と、私たちに対する深い愛に基づいた計画があります。ですから、嫌だという自分の感情は受け入れつつも、「これでいい」「大丈夫」「何とかなる」とつぶやきましょう。それが、あなたの口癖になるまで。

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.