聖書を読んだときには

トップページショートエッセイ集2016年 > このページ

(2016.5.15)

聖書を読んだときには、必ず自分の生活に「適用」することが大切です。適用されなければ、聖書は単なる古典に過ぎなくなってしまいます。

第2テモテ3:16で、パウロは聖書についてこんなことを語っています。「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です」

教え・戒め・矯正・義の訓練とは何でしょう。それは、これからお話しする4つの質問に対応しています。聖書を読んだときには、次のような質問を自分に投げかけてみてください。
  1. 何を信じるべきか?(教え)
  2. 何をやめるべきか? どのように行動すべきでないか?(戒め)
  3. 何をすべきか?(矯正)
  4. 何を続けるべきか?(義の訓練)
また、リック・ウォーレン牧師は、「Personal Bible Study Method」の中で、次のような12の自問自答を勧めています。
  1. 変えるべき態度は?
  2. 主張すべき約束は?
  3. 変える優先順位は?
  4. 学ぶべき教訓は?
  5. 解決すべき問題は?
  6. 従うべき命令は?
  7. 避けるべき、あるいは止めるべき行動は?
  8. 信じるべき真理は?
  9. 捨てるべき偶像は?
  10. 赦すべき攻撃は?
  11. 進むべき新しい方向は?
  12. 告白すべき罪は?

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.