愛していない人とも

トップページショートエッセイ集2016年 > このページ

(2016.5.22)

ある方が、牧師さんに天国のことについて質問しました。「先生、私が死んだら、すでに亡くなった愛する人たちと、ほんとうに天国で再会できるのですか?」 牧師さんはにっこり笑って言いました。「ええ、その通り。愛する人たちと、きっと会えますよ。でも、『そうでない人たち』とも再会することになりますよ」。

別の方の話。Aさんのお母さんは、Aさんの伝道によって、イエスさまを救い主として信じました。また、そのとき病床にあったお父さんも、続けてイエスさまを信じ、病床洗礼を受けました。そして、その数日後にお父さんは亡くなりました。

お葬式の後、お母さんがAさんに尋ねました。「お父さんは、本当に天国に行ったのかい?」 Aさんは「もちろんだよ。お父さんは、今天国にいて、イエスさまの元で幸せに暮らしているよ。そして、お母さんが来るのを待っているよ」。

すると、お母さんは突然泣き出して、「私は、洗礼受けるのやめる」と言い出しました。「お父さんがいるなら、そこ天国じゃないよ。地獄だよ!」 Aさんのお父さんはアルコール依存症で、ずいぶんとお母さんや家族を苦しめてきたのでした。やっと地上でお父さんから解放されたと思ったら、今度は天国で永遠に一緒にいなければならない……。お母さんが嫌がったのも無理はありません。

しかし、Aさんは言いました。「大丈夫だよ、お母さん。天国に行ったら、ただ罪が赦されるだけじゃなくて、罪が全然なくなって、全く新しい人になるんだよ。お母さんや僕らを苦しめたお父さんは、すっかり人が変わって、これから永遠にお母さんに優しくしようって待っているんだよ」。お母さんは、その言葉に安心したのか、洗礼を受ける決心ができました。

この地上にいるうちに、できるだけ不和の人たちと和解しておきたいものです。しかし、たとえできなかったとしても、天国では様々な不幸な過去を乗り越えて、手をつなぎ合うことができます

Copyright(c) 2016 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.