聖霊の賜物

【聖霊シリーズ6】

トップページ聖書のメッセージ集2012年 > このページ


コリント人への第一の手紙12章4〜12節

(2012.5.20)

該当の聖句を読んでみて、分からない単語や言い回し、複数の意味に取れる表現、疑問に思ったことなどはありませんか?

この聖句は、この書全体の中で、どういう位置を占めていますか? 前後を読んだり、参考書を調べたりして、記者の論理の流れをつかみましょう。また、この書の書かれた歴史的、地理的背景も調べましょう。

この箇所は、私たちにどんな教訓やチャレンジを与えていますか?

イントロ

賜物とは、頂き物のことです。聖霊の賜物と言った場合、聖霊さまが私たちクリスチャンに与えてくださる、様々な能力のことを指します。今回は、聖霊の賜物について学びましょう。

1.聖霊の賜物とは

第1コリント12:8-11

聖霊さまが下さる特別な能力、すなわち賜物は、元々持っていた能力に聖霊さまが磨きをかけてくださる形で与えられる場合もありますし、たとえば奇跡系の賜物のように、まったく新しく与えられる場合もあります。

聖霊の賜物には様々な種類があります。聖書の中には、どのような賜物がリストアップされているでしょうか。まず、今回のテーマ聖句である第1コリント12:8-10を見てみましょう。

「ある人には御霊によって知恵のことばが与えられ、ほかの人には同じ御霊にかなう知識のことばが与えられ、またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、ある人には奇蹟を行う力、ある人には預言、ある人には霊を見分ける力、ある人には異言、ある人には異言を解き明かす力が与えられています」

分かりにくい賜物について解説すると、「知恵の言葉」とは、ソロモン王が与えられていたような、その場そのときに応じた、知恵に満ちたアドバイスをする能力です。

「知識の言葉」とは、普通の方法ではとうてい知り得ないような知識を得る能力のことです。先週紹介した、ジョン・ウィンバー牧師が、飛行機の中で向かいの席の男性の不倫相手の名前を知ったという奇跡がこれに当たります。また、いやしの場で、調子の悪い場所を見抜く力として発揮されることもあります。

「信仰」はどんなクリスチャンでも持っていますが、御霊の賜物としての信仰とは、とうてい信じがたいような神さまの約束でも、他のクリスチャンに比べて簡単に信じることができる力です。

「預言」というのは、神さまの命令や約束や警告を直接聞いて、それを人々に語ることで導きや励ましを与える能力のことです。使徒の働きにはアガボという預言者が登場しますが、彼は飢饉が起こることをあらかじめ言い当て、またパウロがエルサレムで逮捕されることも言い当てました。そのため、教会は飢饉で苦しんでいるエルサレム教会のために迅速に支援を準備できましたし、パウロも改めて覚悟を固めることができました。

「異言」は、習ったことのない言語を話す能力のことです。その言語は、現在の地上のどこかに実在する言葉の場合もありますし、実在が確認されていない言葉の場合もあります。異言は祈りや賛美に用いられることが多く、どう言葉にしていいか分からないようなことでも祈ることができるため、自分の徳を高めると言われています(第1コリント14:4。一方、預言は教会の徳を高めます)。

「異言の解き明かし」は、普通は他の人には理解できない異言を、他の人にも分かる言葉に翻訳する能力です。解き明かされた異言は、預言と同じ働きをして、教会の徳を高めます。

ローマ12:6-8

奇跡的な能力だけが賜物なのではありません。

「私たちは、与えられた恵みに従って、異なった賜物を持っているので、もしそれが預言であれば、その信仰に応じて預言しなさい。奉仕であれば奉仕し、教える人であれば教えなさい。勧めをする人であれば勧め、分け与える人は惜しまずに分け与え、指導する人は熱心に指導し、慈善を行う人は喜んでそれをしなさい」

第1コリント12:28

聖霊さまは、賜物の違いによって、クリスチャンが教会を通していろいろな働きをすることができるようになさいました。

「そして、神は教会の中で人々を次のように任命されました。すなわち、第一に使徒、次に預言者、次に教師、それから奇蹟を行う者、それからいやしの賜物を持つ者、助ける者、治める者、異言を語る者などです」

エペソ4:11

教会の中のリーダーシップの能力も、聖霊さまからの賜物です。

「こうして、キリストご自身が、ある人を使徒、ある人を預言者、ある人を伝道者、ある人を牧師また教師として、お立てになったのです」

出エジプト31:2-6

芸術に関する奉仕の能力も、聖霊さまが与えてくださる賜物です。

「見よ。わたしは、ユダ部族のフルの子であるウリの子ベツァルエルを名ざして召し、彼に知恵と英知と知識とあらゆる仕事において、神の霊を満たした。それは、彼が、金や銀や青銅の細工を巧みに設計し、はめ込みの宝石を彫り、木を彫刻し、あらゆる仕事をするためである。見よ。わたしは、ダン部族のアヒサマクの子オホリアブを、彼のもとに任命した。わたしはすべて心に知恵のある者に知恵を授けた。彼らはわたしがあなたに命じたものを、ことごとく作る」

これは、神さまがモーセに、会見の天幕を造るよう命ぜられた時に語られたことばです。ベツァルエルやオホリアブたちに、天幕作りのための知恵や力を授けられました。工芸の賜物とでも言いましょうか。

他に、ダビデは竪琴を弾くことができましたが、彼の竪琴の音色は、悪霊に苦しめられていたサウル王の心を静める力がありました。これもまた、聖霊さまがくださった音楽の賜物でしょう。

他にも、独身は、神さまに選ばれた人に与えられた特別な賜物です(第1コリント7章)。

2.何のために与えられるのか

奉仕のための能力

これらの特別な能力は、どうして与えられるのでしょうか。5節から7節には、クリスチャンに聖霊の賜物が与えられる目的が書かれています。それは、様々な奉仕、働きを通して、「みなの益となるため」です。

すなわち、教会の中の人たちや教会の外の人たちを愛し、助け、慰め、励まし、イエスさまへと導き、きよめ、成長させ、神さまが用意してくださっている本当の幸せを味わうことができるようにするためです。

クリスチャンの使命と賜物

クリスチャンには、様々な使命が与えられています。そして、この地上で、様々な奉仕の働き、すなわち神さまと神さまが愛しておられる人々のために仕える働きをするように期待されています。これは、賜物が与えられていようといまいと同じです。先ほど紹介した賜物のリストに挙げられていることは、すべてのクリスチャンに与えられている使命です。

たとえば、伝道者の賜物が与えられていようといまいと、私たちクリスチャンは、他の人に対してイエスさまを証しし、伝道します。ただ、伝道者の賜物が与えられている人は、与えられていない人と比べると、未信者がすぐその場でイエスさまを信じる頻度が高いのです。

私たちは、いやしの賜物の有無に関わらず、病の人がいれば神さまにいやしを求めて祈ります。しかし、いやしの賜物が与えられる人が祈ると、より高い確率ですぐその場でのいやしが行われるのです。

私たちは、慰めの賜物の有無に関わらず、傷つき沈んでいる人がいれば、慰めの言葉、励ましの言葉をかけます。しかし、慰めの賜物が与えられる人が関われば、より落ち込んでいる人が元気になりやすいのです。

私たちは、分け与える賜物や慈善の賜物がなくても、献金をしたり、困っている人のためにお金や体力や時間を捧げたりします。しかし、分け与える賜物を持っている人は、自分の収入の内、かなりの割合を捧げても自分の生活を心配しないし、実際に生活が守られます。そして、慈善の賜物が与えられている人は、自分の時間の多くを慈善の働きに捧げることができます。

私たちは、預言の賜物が与えられていなくても、聖書を通して語られている神さまのみこころを、他の人に向かって語ります。しかし、預言の賜物が与えられている人は、より具体的な状況に合わせて、よりクリアに、神さまのみこころを語ることができます。

より効果的な働きのために

すなわち、賜物とは、クリスチャンに与えられている様々な神さまの働き(ミニストリー)のうち、一つ、あるいはいくつかを、より効果的に、その働きのエキスパートとして行なうことができるように与えられるものです。

私たちクリスチャンは、みんなミニストリーをする者たちです。賜物がないから、とか、自分に与えられている賜物が分からないからというのが、伝道しない言い訳、いやしを祈らない言い訳、慈善のわざをしない言い訳にならないようにしましょう。

賜物のリストを眺めてみてください。これらはすべてクリスチャンの使命でもあります。あなたが得意なものは何ですか? あるいは、それをやっているととても充実すると感じるものは何ですか? それは聖霊の賜物だと考えられます。それをさらにさらに神さまが磨いてくださり、豊かな実を結ばせてくださるよう祈りましょう。

3.どうしたら与えられるか

期待する

聖霊の賜物は「おのおのに」与えられていると書かれています。すべてのクリスチャンが、最低一つは賜物を与えられています。さらに、「よりすぐれた賜物を熱心に求めなさい」(第1コリント12:31)と書かれていますから、後になって新たに与えられる賜物もあるということです。それを信じましょう。

あなたを通して、聖霊さまがすばらしいことをしてくださると期待しましょう。

自分なんかにいやしの賜物が与えられているはずがないとか、自分なんかが人を慰め、励ますことなんてできるはずがないとか、勝手に決めつけないようにしましょう。むしろ、大いに期待しましょう。

約束を信じて祈る

そして、聖霊さまが、約束に基づいて、自分に与えてくださっている賜物を明らかにしてくださるように、あるいはさらに豊かに賜物を与えてくださるように、そして、自分を通して、この地上ですばらしいことを行なってくださるように祈りましょう。

小さなことに忠実に取り組む

すでに学んだように、賜物はクリスチャンの使命と密接に関係しています。神さまと神さまが愛される人々のために、愛のわざを積極的に行ないましょう。

イエスさまが語られたタラントのたとえ(マタイ25:14-30)を思い出しましょう。3人のしもべが、主人からそれぞれ5タラント、2タラント、1タラントのお金を預かりました。5タラントと2タラントのしもべは、与えられたお金を元手に商売をし、精算の時に主人から「良い忠実なしもべだ」とほめられました。そして、「あなたは、わずかなものに忠実だったから、たくさんのものを任せよう」と、さらに多くの資金を任されることになりました。

ところが、1タラントを預かったしもべは何もしませんでした。そこで、主人に叱られた上に、最初の1タラントも取り上げられてしまいました。

イエスさまはおっしゃいます。「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です」(ルカ16:10)。

「神さまは、今、私に何をすることを望んでおられるだろうか?」と、いつも心の中で自問し、それを実践するように心がけましょう。そのようなあなたなら、聖霊さまはすばらしい賜物を与え、ますますあなたがすばらしい実を結ぶことができるようにしてくださいます。

まとめ

聖霊さまは、あなたにも特別な賜物を与え、神さまや神さまが愛しておられるこの世の人たちに対して、愛のわざ、不思議なわざを行なうことができるようにしてくださいます。

あなたは、ここからどんなチャレンジを受けていますか? この箇所を読んで、生活や態度をどのように変えるよう示されていますか? 何を決心しましたか? 抽象化しないで、具体的に表現しましょう。


Copyright(c) 2012 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.