もし復活がなかったら

トップページ聖書のメッセージ集2013年 > このページ


コリント人への第一の手紙15章12〜20節

(2013.3.31)

参考資料

この前の箇所で、パウロは、私たちが信じて救われる内容(福音)についてこう語っています。

「兄弟たち。私は今、あなたがたに福音を知らせましょう。これは、私があなたがたに宣べ伝えたもので、あなたがたが受け入れ、また、それによって立っている福音です。
また、もしあなたがたがよく考えもしないで信じたのでないなら、私の宣べ伝えたこの福音のことばをしっかりと保っていれば、この福音によって救われるのです。
私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです。
その後、キリストは五百人以上の兄弟たちに同時に現れました。その中の大多数の者は今なお生き残っていますが、すでに眠った者もいくらかいます。
その後、キリストはヤコブに現れ、それから使徒たち全部に現れました。
そして、最後に、月足らずで生まれた者と同様な私にも、現れてくださいました」。
(第1コリント15:1-8)


イエスさまが肉体的に復活なさったということは、私たちがどうしても信じなければならないことです。

聖書からのメッセージ

イントロ

キリスト教の信仰は、十字架と復活という歴史的事実に基づきます(1〜8節)。イエスさまの復活は、私たちがこれに人生をかけても間違いないということを保証してくれます。

1.永遠のいのちの保証(12〜13節)

死は終わりではなく、やがて私たちも復活します。イエスさまの復活はその保証です。

多くの人は死を恐れます。それは、未知の世界だからです。しかし、復活を信じる私たちにとっては、わくわくする第2の人生の始まりです。

また、人が死を恐れるのは、何もかも無にしてしまうからでしょう。「死んだら無」を真剣に考え始めたら、虚無的な生き方に陥ってしまいます。どんなに正しい生き方をしても、お金を稼いでも、有名になっても、様々な活動をしたとしても、死んだらそれでおしまいだとすれば、何もかも意味がありませんから。

「もし、私が人間的な動機から、エペソで獣と戦ったのなら、何の益があるでしょう。もし、死者の復活がないのなら、『あすは死ぬのだ。さあ、飲み食いしようではないか。』ということになるのです」(32節)

しかし、死んで終わりの人生ではなく、私たちには第2の人生が待っていて、今なしていることは、すべて第2の人生に生かされるのです。何一つ無駄になることはありません。

「ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから」(58節)

2.罪の赦しの保証(17〜18節)

もう一つ死を恐れる理由があります。それは、私たちの心の奥底に、自分自身が罪人だという自覚があって、死んだら裁かれるのではないかという無意識の恐れがわいてくるからです。

心の世界を学ばせていただいて、多くの人は自分のことをダメだと思っているということに気がつきました。例えば、人からバカにされて、カチンと来たり落ち込んだりするのは、実は人からバカにされたからではありません。自分自身が自分のことをダメだと思っているからです。

イエスさまは、私たちの罪のために十字架で死なれました。復活はその保証。この私だって、病気で何かで死ぬときに、「私の死は、全人類の救いのためだ」などと言い残すことはできるかもしれません。しかし、そんな戯れ言を誰もまともに受け取りはしません。

イエスさまの十字架のメッセージだって、これと同類です。それを真剣に信じることができるのは、イエスさまが復活し、ご自分のおっしゃったことが真実であるということを証明してくださったからです。

私も皆さんも、イエスさまの十字架によって罪赦されています。神さまは、私たちを罪人だという目でごらんになってはおられません。神さまは、私たちのことを大切ですてきな神の子、と呼んでくださっています。皆さんも、ご自分の価値を、もっともっと認めてあげてください。ご自分の価値が信じられなくなったときは、十字架と復活を思い出しましょう。

3.勝利の保証(54〜57節)

「しかし、朽ちるものが朽ちないものを着、死ぬものが不死を着るとき、『死は勝利にのまれた。』としるされている、みことばが実現します。『死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか。』死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に感謝すべきです。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました」(54〜57節)

人間最大の問題である死さえも、イエスさまは打ち破られました。この事実があるから、私たちは神さまに祈るとき、不可能も可能になると信じることができるのです。

問題が生じたとき、不安にさいなまれたとき、生きておられるイエスさまに祈りましょう。

まとめ

イエスさまの復活は、私たちがこれに人生をかけても間違いないということを保証してくれます。

あなた自身への適用のためのディスカッションガイド


Copyright(c) 2013 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.