内なる人は日々新たにされる

トップページ聖書のメッセージ集2014年 > このページ


コリント人への第二の手紙4章16〜18節

(2014.9.7)

参考資料



聖書からのメッセージ

イントロ

今回のテーマは「勇気」です。「私たちは勇気を失いません」(16節)とパウロは宣言しました。

勇気とは、単に無謀なことができるという意味ではありません。私が心理学のセミナーで説明する際には、「勇気は気です」と申し上げています。すなわち、勇気、元気、やる気、根気、精気、生気、活気、覇気、負けん気、のん気、強気……などなど。

しかし、様々な問題、病気、加齢などによって元気ややる気や根気を失ってしまいそうになる時があります。今回の箇所は、そんな私たちを励まします。

1.外なる人は衰える

生まれながらの肉体

「外なる人」とは、生まれながらの肉体のことです。4:7ではパウロは「土の器」にたとえています。土の器は壊れやすいですね。その通り、パウロは「外なる人は衰える」と語っています。「衰える」と訳されている言葉は、「完全に腐る」とか「全く壊れてしまう」というような意味です。

外なる人が経験する衰え

4:8で、パウロは「私たちは、四方八方から苦しめられる」と語っています。彼自身、ひどい迫害や攻撃を経験していました。むち打たれ、石を投げられ、暴言を吐かれ、だまされ、何度も殺されそうになりました(11:23-28)。さらに、クリスチャンの中にも、彼を批判して攻撃する人たちがいました。そんなわけで、パウロは肉体的にも、精神的にもひどい傷を負っていたのです。

私たちも、いわれのない攻撃を受けたり、意地悪されたり、邪魔をされたりして、つらい思いをすることがあるでしょう。

たとえ全くそのようなことがなかったとしても、年を取ってくれば、体力は衰え、目はかすみ、耳は遠くなり、ほんのちょっとの段差でも躓き倒れるようになります。

また、この世には災害や病気が存在し、時に私たちを苦しめます。

そればかりではありません。私たちの外なる人は、必ず死を経験します。どんなにこの世で栄華を極めても、健康に気を配っても、人によって長い短いの差はあれ、いずれはみんな死んでしまいます。だからイエスさまは、「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう」(マタイ16:26)と警告なさいました。外なる人は衰えるものなのです。

あなたは今、どんな衰えを経験しているでしょうか。

2.内なる人は日々新たにされる

再生した霊

一方「内なる人」とは、私たちの内に存在する霊のことです。以前の私たちの霊は、神さまから切り離されていて、自由に神さまと交わることができませんでした。これを「霊的な死」と言います。しかし、イエス・キリストを信じた時に、私たちの霊は聖霊さまによって新しいいのちを与えられ、再生しました。

日々新たにされる経験

イエスさまは、私たちの内なる人を、日々新たな力で満たしてくださいます。その力は内側からあふれ出て、私たちの心を勇気づけます。場合によっては体まで元気になっていきます。

サマリヤの女との対話の中で、イエスさまは「生ける水」を与えるとおっしゃいました。そして、「わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます」(ヨハネ4:14)と約束なさいました。

生ける水とは、よどんだため池の水ではなく、泉からこんこんとわき上がる新鮮な水のことです。そんなさわやかで、気持ちのいい力が、あなたの内側からあふれ出てくる。あなたばかりか、他の人たちをも潤す力がわき上がってくる。イエスさまはそうおっしゃったのです。

若さとは、新しいことに次々とチャレンジしていく力です。たとえ外なる人は老化の一途をたどっていたとしても、次々と新しいことにチャレンジしていく姿勢を忘れない人は、いくつになっても若々しい力に満ちています。来月103歳の誕生日を迎えられる、クリスチャン医師の日野原重明先生のように。

現状を変える勇気や覇気が無くなって、新しいことにチャレンジできなくなっても、イエスさまは新しい力を与え、次々と新たなチャレンジをすることができるようにしてくださいます。いろいろな問題にぶつかって、やる気や根気を失いそうになることがあっても、イエスさまは新しい力を与え、なすべきことを続けることができるようにしてくださいます。

そして、問題でさえも私たちの新たな力に変えられます。パウロは「今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、計り知れない、思い永遠の栄光をもたらす」と言いました(17節)。

また、たとえ外なる人は死んでしまっても、私たちの霊は死にません。そして、新しい栄光の体が与えられて、神の国で永遠に幸せに過ごすことができます。

新しい力の源泉

パウロは、16節の最初に「ですから」と語っています。その前の部分を受けているわけですが、そこには何が書かれているかというと、自分たちが迫害をものともしないで伝道することができるのは、「主イエスをよみがえらせた方が、私たちをもイエスとともによみがえらせ、あなた方と一緒に御前に立たせてくださるということを知っているからです」(4:14)とあります。

すなわち、復活なさったイエスさまが、私たちにも復活の力を与えてくださるといういことです。

外なる人は弱くなり、衰え、滅びます。しかし、あなた自身は日々新たにされ、力に満ちあふれます。それは、イエスさまとの交わりを通して与えられます。

まとめ

日々の聖書の学びと祈りを通し、毎週の礼拝式を通し、折々のクリスチャン同士の交わりを通し、私たちはイエスさまとの関係を深めていきましょう。それによって、私たちの内なる人は、ますますパワーアップしていきます。

あなた自身への適用のためのディスカッションガイド


Copyright(c) 2014 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.