自由をもたらす祈り

トップページショートエッセイ集2006年 > このページ

(2006.6.4)

Aさんは、知り合いのBさんに、いろいろとひどいことをされたり言われたりして、とても腹を立てていました。そんなAさんに、こんなアドバイスをさせていただきました。

「『父よ、Bさんをお赦しください。あの人は何をしているのか、分からないのです』。そう祈れたらいいね」。

この祈りは、イエスさまが十字架の上で、自分を十字架につけた人々(そこには私やあなたも含まれています)のために祈られた祈り、「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです」(ルカ23:34)をモデルにしたものです。イエスさまは、敵を赦し、愛し、祝福するようにおっしゃいました。その教えをご自分でも実践なさったのです。

最初Aさんは、イエスさまの命令とご自分の感情との間で葛藤しておられましたが、神さまがその心に語りかけ、教えてくださいました。「父よ、彼らを赦したまえ」という祈りは、相手のためだけでなく、あなた自身のための祈りでもあるのだよ、と。

すなわち、Bさんはいろいろと意地悪をして、Aさんのことを引っかき回そうとしているのかもしれない。しかし、Aさんがそれに乗って、引っかき回される必要はありません。「父よ、彼らを……」という祈りは、「相手はどうであれ、自分はそれに引っかき回されず、神さまにある自由と平安を生きよう」という、自分を自由へと導くための祈りでもあるのです。

Aさんはお祈りなさいました。「父よ、Bさんをお赦しください。何をしているのか分からないのです」。すると、ずっとAさんの心の内にあった苦みがスーッと消えていき、代わりに、不思議な平安と喜びがわき上がってきました。

相手のために赦せなかったとしても、ご自分のために祈ってみませんか? 「父よ、彼らを赦したまえ」。イエスさまは、あなたの心を解放してくださいます。

Copyright(c) 2006 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.