これは罪ですか?

トップページショートエッセイ集2006年 > このページ

(2006.10.8)

こういうサイトを運営していると、いろいろな方からメールをいただきます。ありがとうございます。

そのような中で案外多いのは、「これは罪でしょうか?」という質問です。酒を飲むこと、たばこを吸うこと、高校生が誰かとおつきあいをすること……などなどなど。これらは罪なのでしょうか?

どうも私たち日本人は、家庭や学校で減点法の教育や禁止令の教育(ここが足りない、ここがダメ、あれしちゃいけない、これしちゃダメ)を受けてきているせいか、望ましくない部分に注目してしまう癖がついているようです。「これは罪ですか?」という質問の背後には、そんなカラクリが働いているのかもしれません。

ところが、私たちは注目したものの影響を受けます。そこで、望ましくないものばかり意識していると、かえって望ましくないものが私たちのものになりがちです。また、自分や物事の否定的な部分にだけ目を留めると、かえってやる気を削がれてしまいます。

そこで、「これは罪ですか?」という質問に対していつもお答えするのは、「何が神さまを悲しませるかを考えて日を過ごすよりも、何が神さまを喜ばせるかを考えた方がいいと思いますよ」です。

もしかしたらあなたも、罪のことばかり考えていませんでしたか? イエスさまは、私たちの罪を指摘するために来られたのではなく、神さまとの温かい親子関係を結ぶために来られたのだということを忘れないでください。あなたのことを大好きな神さまと、もっともっといい関係でいられるために、今あなたがするといいことは何でしょうか?

Copyright(c) 2006 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.