赤ちゃんが生まれるとき

トップページショートエッセイ集2007年 > このページ

(2007.1.21)

これを読んでおられる方の中には、妊娠中の方もいらっしゃることでしょう。あるいは、自分ではないけれど、家族の誰かが、間もなく出産を予定していて、もうすぐ新しい家族が増えるという方。

新しく赤ちゃんが生まれようとするときに、私たちはその子を歓迎するために、様々な準備をしますね。ベビーベッドやベビーカーを用意したり、着るものを用意したり、哺乳瓶を用意したり……。そして、実際に赤ちゃんが生まれてきたときには、みんなその子のそばに来て、だっこしてあげたり、声を掛けてあげたり……。

赤ちゃんは、全く生産的ではありません(赤ちゃんが生産できるのは、よだれとおしっことウンチくらいのものです)。家族のために何もお返しをしてくれません。「ありがとう」さえ言いません。しかし、家族は赤ちゃんをそのままで受け入れ、愛してくれます。

赤ちゃんは、言葉は分かりませんが、そのような家族の態度に触れることで、自分がこの世に歓迎されていることを知ります。そして、自分がひとりぼっちではないことを知ります。自分が、愛される価値のある存在なんだということを知り、自信を持ちます。愛された赤ちゃんは、愛してくれた人たちを真似し始めます。そして、だんだん大人になっていくのです。

しかし、家族が健康的でなければ、赤ちゃんは混乱してしまいます。たとえば、家族同士がいつも喧嘩をしていたら、赤ちゃんは自分も愛されているんだとは、なかなか思えないでしょう。あるいは、放ったらかしにされたら、自分が大切にされているとは思えないでしょう。赤ちゃんは、愛に満ちた健康的な家庭の中で育つ必要があるのです。

私たちが救われたとき、神さまの子どもにされました。ですから、救われた者たちの集まりである教会は、神の家族です。人が新しく救われたとき、あるいは救われようとするとき、私たちは家庭に新しく赤ちゃんが生まれるときのように、準備し、歓迎し、関心を示しているでしょうか。家族同士が深く愛し合い、支え合っているでしょうか。

日本では、毎年1万人近い人たちが洗礼を受けます。しかし、ご存じの通り、礼拝出席数はほとんど増えていません。人は救われるのです。伝道はなされているのです。しかし、教会が成長しないのは、伝道しないからではなく、もしかしたら健康的な愛に満ちた雰囲気を、教会が失っているからではないでしょうか。

教会が健康的な愛の雰囲気を取り戻すために、あるいはすでにある愛の雰囲気をさらに盛り上げるために、あなたにできることは何ですか? 「うちの教会には愛がない」と批判することではありませんね。そうです、あなたが教会の誰かを愛し始めることです。あなたにできることは何ですか?

Copyright(c) 2007 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.