酒に信頼しています

トップページショートエッセイ集2007年 > このページ

(2007.4.22)

週報を作っていました。メッセージ題を打ちこみました。タイトルは「主に信頼しています」。ところが、漢字変換して入力されたのは「酒に信頼しています」でした。

「私は、むなしい偶像につく者を憎み、主に信頼しています」(詩篇31:6)という箇所からのメッセージなのに、これでは偶像礼拝推奨のメッセージなってしまいますね。

偶像とは、私たちがイエスさまの代わりに信頼するものです。

適量のお酒は、気分を高揚させ、コミュニケーションをある程度円滑にします。しかし、お酒が幸せをもたらせてくれると勘違いすると、お酒が偶像化してしまいます。そして、お酒が手放せなくなり、お酒に飲まれることになります。

お金は、生活に欠かせないものです。お金があるからこそ、私たちは便利に生活することができます(物々交換しかできなかったら、大変不便ですものね)。しかし、お金が偶像化してしまい、お金さえあれば幸せになれるんだと勘違いすると、お金に縛られ、支配され、お金によって不幸になってしまいます。

自分を慰め、支えてくれる家族や友人はありがたいものです。しかし、特定の誰かが偶像になってしまうと、その人に頼り切ってしまい、その人の一挙手一投足に振り回され、一喜一憂することになります。

お酒も、お金も、家族や友人も、それ自体は良いものです。しかし、それらに人生の幸せを求めてしまうと、かえって幸せから遠ざかってしまいます。

あなたは誰に信頼していますか?

Copyright(c) 2007 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.