まったく新しい木

トップページショートエッセイ集2007年 > このページ

(2007.6.3)

ぶどう園を経営しておられる方から、こんな話を聞きました。

ぶどうの木には、普通ウィルスが寄生しています。そして、このウィルスが、ぶどうの実を結ばせる力を弱めてしまいます。しかし、成長点(枝の先っぽの、成長している部分)は、まだウィルスに感染していません。

そこで、成長点の部分を切り取り、純粋培養すると、ウィルスに感染していない木に成長します。そして、そのようにして育てられたぶどうの木からは、通常の実よりもはるかに大きく、糖度の高い実が採れるのだそうです。

イエスさまは、「よい木は良い実を結ぶ」とおっしゃいました。私たちが、人生の中で、良い実を結ぶことができるためには、私たち自身が良い木となる必要があります。

しかし、私たちは、私たち自身の努力によっては、良い木になることはできません。いばらは、どんなにがんばってもいばらのままです。ウィルスのある木は、どんなに上手に育てても、ウィルスから逃れることはできません。

私たちが、良い木になるためには、まったく新しく生まれ変わる必要があります。そして、イエスさまは、私たちをまったく新しく生まれ変わらせてくださるのです。

Copyright(c) 2007 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.