感謝していますか?

トップページショートエッセイ集2007年 > このページ

(2007.11.25)

gooランキングによると、新婚当初の甘〜い気分を持続させるための秘訣は……
  • 第5位 記念日には必ずお祝いをする
  • 第4位 家事を協力しあう
  • 第3位 共通の趣味を持つ
  • 第2位 相手の話をきちんと聞く
そして、堂々の第1位は、
  • 第1位 相手のしてくれたことに感謝を言葉であらわす
だそうです。

そして、これは、夫婦だけでなく、親子や友人関係、職場などでの関係にも言えることではないでしょうか。感謝は、人間関係を深めていくための良薬ですね。

お茶を入れてくれた。料理を作ってくれた。車で送ってくれた。高いところにある物を取ってくれた。調味料を回してくれた。今日も元気に仕事に行ってくれた。今日も離婚しないで、夫婦でいてくれた……。皆さんは、それらを感謝してますか?

お子さんに「生まれてきてくれてありがとう」って伝えていますか? 毎日会社に来てくれている部下に「いつもありがとう」と声をかけていますか?

しかし、特に、夫婦や、自分よりも立場が下(と思っている)子どもや部下に感謝を表すというのは、けっこう難しいと感じる人が多いかも知れません。それは、「言わなくても分かるでしょ」という甘え(自己中心)のほか、「そんなのやって当然だから、いちいち感謝しなくていい」という傲慢からかもしれません。

「やって当然」と思っていれば、もちろん感謝なんか生まれません。上から見下している人に感謝の心は生まれないのです。そして、人は見下されるのは嫌いですから、感謝をしない人との関係はなかなか良くなりません。逆に、感謝を惜しみなくくれる人とは、非常に関係が良くなるのです。

聖書の中には「何事でも自己中心や虚栄からすることなく、へりくだって、互いに人を自分よりもすぐれた者と思いなさい」(ピリピ2:3)という言葉があります。イエスさまによって、日々謙遜を学ばせていただきたいですね。

Copyright(c) 2007 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.