勝手なイメージ

トップページショートエッセイ集2008年 > このページ

(2008.2.24)

信仰の戦いというのは、つまるところ、どんな神さまイメージを持つかという戦いなんだなあと、最近思わされています。「結局私は、神さま、イエスさまって、どういうお方だと思っているの?」ということです。
  • 力はあるけれど、無慈悲で恐ろしい神さま?
    それとも、力があるだけでなく、あなたのことを愛し、幸せにしたいと願っておられる神さま?
  • 優しいけれど力のない神さま?
    それとも、力があって、ご自分が願われたことを絶対に実行できる神さま?
  • 約束したことを絶対に守られる神さま?
    それとも、そのときの気分によって、ころころと前言撤回する神さま?
  • 祝福するのに対価を要求する取引の神さま?
    それとも、一方的にあなたを選び、一方的に祝福する恵みの神さま?
あなたが描いた神さまイメージが、あなたの生き方を方向付けます。あなたは、どんな神さまイメージを持っていますか? そしてそれは聖書的ですか?

あなたは今、どんな気持ちになっていて、どんな生き方をしていますか? そして、どんな神さまイメージがそれらに影響を与えていますか?

聖書は、「あなたは、自分のために、偶像を造ってはならない」(出エジプト記20:4)と命じています。自分勝手に「神さまってこういう方だ」と決めつけないようにしたいですね。

Copyright(c) 2008 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.