助けない助け

トップページショートエッセイ集2008年 > このページ

(2008.7.6)

Oさんのお嬢さんは、高校生の年代ですが、ずっと学校にも行かず、病院も薬も拒否し、自殺未遂をしたり、暴れたりして、母親であるOさんもご主人も、どう対応していいか分からず、困り果てておられました。

ひょんなことからOさんと知り合った私は、2つの対応法をアドバイスさせていただきました。それは、
  • お嬢さんが弱音を吐いたときに、励ましたり直したりしないで、 「そっかぁ、そういう気持ちなんだね」と返す。
  • そして、お嬢さんの気持ちが見えてきたら、それを汲み取って、 「それはつらかったね(悲しかったね、寂しかったね、など)」と返す。
というものでした。

Oさんはこれを実践なさいました。すると、数週間のうちにどんどんとお嬢さんの様子が変わっていき、あれほど拒否していた薬を自分からリクエストしてきたり、病院に通うようになりました。

生活もアクティブになり、Oさんと一緒にケーキを作ったりできるようになりました。

そして、何と、通信制の高校を受験し、この春から登校できるようになったのです(もちろん、まだまだアップダウンはありますが)。

ただ耳を傾けるだけ。それでは助けにならないと思いますか? いいえ。自分のつらい気持ちをしっかりと聴いてもらい、その気持ちにより添ってもらった人は、愛のエネルギーを受け取り、自ら変わっていくのです。

教えたり、治したり、励ましたりする前に、しっかりと耳を傾けましょう。イエスさまも、あなたの心の声を、しっかりと聞いてくださっているのですから。

Copyright(c) 2008 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.