金メダルを目指して

トップページショートエッセイ集2008年 > このページ

(2008.8.17)

北京オリンピックが始まりましたね。毎日テレビに釘付けという方も多いでしょう。

すでに、日本にもいくつかのメダルがもたらされましたが、特に、アテネに続いて、100mと200mの平泳ぎで金メダルを取って、しかもそれぞれ世界記録とオリンピック記録を叩き出した、北島康介選手の活躍は、日本中を熱狂させました。

競技者はわずか数十分間の(競技によっては一瞬の)競技のために、ものすごい努力を積み重ねるものです。

聖書は、クリスチャン生活をオリンピックの競技にたとえています。私たちは、北島選手と同じような「競技者」だというのです。

では、私たちにとっての訓練とは何でしょう。礼拝や祈り会への出席、聖書の学び、日々の祈り、神さまの戒めの実行……。時にはそれを行なうのが苦しいこともあるでしょう。訓練とは苦しいものだと、相場が決まっています。

いくら苦しい練習を積み上げても、オリンピックで栄冠を得られるのはほんの一握りの人たちです。今回も、涙をのんだ人たちがたくさんいます。

しかし、私たちクリスチャンの場合は、その労苦がすべて報われるのです。天にはあなたのために素晴らしい栄冠が用意されています。さあ、今日も栄冠のための練習メニューを始めましょう。

Copyright(c) 2008 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.