太陽電池クリスチャン

トップページショートエッセイ集2008年 > このページ

(2008.10.19)

あなたは車を運転なさいますか? でしたら、もしかしたら経験があるかも知れません。何を? はい、バッテリー切れです。

燃料は満タン。オイルもバッテリーも取り替えたばかり。エンジンのメンテナンスも完璧。足回りも調整済。快適なドライブの用意はこれで万端。でも、前の晩にスモールライトを点けたまま駐車して……翌朝エンジンが点火しなくて、「あー!」と声を上げたこと、ありませんか?

最近では「地球に優しい」をテーマに、電気自動車の開発が急ピッチで進んでいるそうです。そうなると、バッテリー切れの問題は、多くの人にとって人ごとではなくなってくるでしょう。

クリスチャンを電気自動車にたとえるなら、あなたはバッテリー式でしょうか、それとも太陽電池式でしょうか。手持ちのエネルギーで、今とりあえずは爆走することが出来るけれど、やがて力尽きて倒れてしまうか。それとも太陽のようなイエスさまにいつも顔を向けて、この方から一瞬一瞬力をいただきながら走り続けるか。

クリスチャン生活。自分の力で頑張ろうとしたら、必ずどこかで行きづまります。自分の力ではどうしようもなかったからこそ、私たちはイエスさまを信じたはずです。クリスチャンになってからも、この方の導きを求め、この方に力をいただきながら生きていかなければなりません。

え、私ですか? 車の突然のバッテリー切れは経験ありませんが、ひげそりのバッテリー切れならよくやります。お互い、気を付けましょうね。さあ、充電充電。

Copyright(c) 2008 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.