あなた訳聖書

トップページショートエッセイ集2008年 > このページ

(2008.12.28)

5人の男性が、聖書の訳について話していました。

「俺はやっぱり新改訳がいいなあ。ちょっと無骨だけど、あの直訳調が肌に合うよ」。一人がそう言いますと、別の人たちも、次々と自分の好みを述べ始めました。

「固有名詞の表記には違和感があるけど、やっぱり朗読や暗唱には新共同訳の方が向いていると思うけど」。

「僕は、現代訳やリビングバイブルの方が分かりやすくていいなあ」。

「いやいや、古いけど文語訳もなかなか捨てがたいぞ。文学的な響きがあるじゃないか」。

最後の一人が口を開きました。「僕は、母の訳が一番好きだ」。けげんな顔をしている4人に、その人はさらに説明をしました。「母は、聖書を生活の中に訳したんだ。それば僕が今までに見た訳の中で、一番説得力があったよ」。

イエスさまは、私たち弟子に向かって、「あなたがたは私の証人となる」(使徒1:8)と言われました。聖書は、イエス・キリストを証しする書物です。あなたの生活が、あなたの語る言葉が、あなたの一挙手一投足が、イエスさまを証しする「第二の聖書」となりますように。

しかし、それは聖人君子のように生きろということではありません。神さまに赦され、愛され、生かされている者として、毎日神さまへの感謝と喜びをもって生きるということです。その時、人々はイエスさまの愛を、あなたを通して知ることができます。

Copyright(c) 2008 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.