鳴かぬなら

トップページショートエッセイ集2009年 > このページ

(2009.5.31)

鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす
戦国の覇者、織田信長の作とされる(実際には違うそうですが)句です。彼の激しい気性がよく表れていますね。

鳴かぬなら 鳴かしてみしょう ほととぎす
これは豊臣秀吉の作。天下統一を果たした、自信家の彼らしい句です。

鳴かぬなら 鳴くまで待とう ほととぎす
時が来るのをじっと耐えて待ち続け、ついに幕府を開いた徳川家康の句です。

鳴かぬなら 私が鳴きましょ ほーほけきょ
これは欽ちゃんこと萩本欽一さんの句。

では、私たちクリスチャンはどんな句を詠むでしょうか。こんな句はどうですか?
鳴かぬなら 鳴かぬもまたよし ほととぎす

皆さん。自由でありたいですね。神さま以外の何ものにもとらわれず、代わりに本当にこだわらなければならないこと、苦しまなければならないこと、悩まなければならないことに意識と力を向けることができたら、どんなに楽で、そして豊かな生き方ができるでしょうか。

私たちにはそれができるはずです。神さまが私たちの人生に起こるすべてのこと(私たちの側の好みはどうであっても)を益としてくださると知っているからです(ローマ8:28)。安心安心。

Copyright(c) 2009 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.