姿勢を正しく

トップページショートエッセイ集2009年 > このページ

(2009.8.30)

家内のお友だちAさんのお話。Aさんは、ひどい肩こりで悩んでいました。マッサージ、牽引、漢方薬、お灸、鍼……西洋医学、東洋医学にかかわらず、ありとあらゆる治療を試みました。そして、首筋にはいつもピッ○エレキバンやトク○ンハップが貼られていたそうです。

ところがある時、姿勢を正しくしてみることにしました。背筋を伸ばしてあごを引き、胸を張って肩を落とします。そして、歩くときは足元ではなく、前を見て歩きます。座るときも、浅く腰掛けないで、しっかりと背筋が伸びるようにします。

このようにして1年が過ぎました。どうなったでしょう。あれだけひどい肩こりだったのが嘘のように軽くなり、今ではほとんど膏薬を貼らなくても済むようになりました。その上、40歳(推定)のその方の身長は、この1年でなんと3センチも伸びていました。

私たちの生活上のさまざまな問題や痛み。いろいろと対症療法を施すことも大切ですが、神さまの前に自分がどんな姿勢で生きているのかというところも気にしてみましょう。神さまとの関係がしっかりとするとき、解決されていく問題も案外と多いものです。

さて、私も肩こりと腰痛がひどいので、姿勢を正しくしないといけないなあ。猫背だもんね。

Copyright(c) 2009 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.