息子の絵

トップページショートエッセイ集2010年 > このページ

(2010.1.3)

英国の資産家であるフィジラルド氏は、たった一人の後継者である息子を亡くしてしまいました。もちろんフィジラルド氏の悲しみは大変なものでした。

そして、やがてフィジラルド氏本人もこの世を去る時がやってきました。彼は有名な画家の絵をたくさん所蔵しており、自分が死んだらそれをすべて売却するようにと遺言しました。フィジラルド氏の死後に行なわれたオークションでは、たくさんの人々が名画を求めて集まってきました。

オークションに先立って、弁護士が氏の遺言書を朗読しました。それは、死んだ一人息子を描いた絵を、最初にオークションにかけるようにというものでした。

ところがその絵は、誰が描いたものか分からず、作品としてもあまり質の良いものではありませんでした。そこで、誰も買い手が付きませんでした。

ところが、フィジラルド家の召使いの一人が、なけなしのお金をはたいてこの絵を買いました。この年老いた召使いは、フィジラルド氏の息子のことをとてもかわいがった人で、思い出にと買い求めたのでした。

すると、弁護士が遺言書の続きを読み上げました。「息子の肖像画を買った人に、残りすべての絵を無償で贈与する」。

このように、イエス・キリストを愛し、選んだ人は、神さまのすべてを譲り受けるのです。

Copyright(c) 2010 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.