チューニングは大事です

トップページショートエッセイ集2010年 > このページ

(2010.1.17)

私が、東京の母教会で伝道師をしていた頃の話です。念願の新会堂ができて、そちらに引っ越しすることになりました。

教会員の皆さんが一致協力して荷物を運んだのですが、さすがに、グランドピアノだけはプロの運送屋さんに運んでもらいました。初めて見ましたが、グランドピアノは、いったんばらばらに分解してから運ぶのですね。当然音が狂ってしまいますので、さっそく調律をお願いしました。

調律が終わって、調律師さんが面白いものを見せてくださいました。それは、ピアノ本体の中に入っていたものです。鉛筆2本、ギターのピック2枚、それにどういうわけかドライバーが1本に、何に使うのか分からない短いスチールの板が1本。「どうりで弾きにくいわけだわ」と、奏楽者の方もあきれていらっしゃいました。それにしても、どうしてそんなものが入り込んだものやら。

私たちの生活にも調律が必要です。それは日々の悔い改めです。大きな罪を犯しているわけではない。しかし、時々神さまとの関係の調和が微妙に狂っていないかチェックし、修正する必要があるのです。そうでないと、どことなくチューニングの狂ったピアノのように、気持ちが悪い信仰生活になります。

もちろん、時にはドライバーや鉛筆を取り除くように、大幅に生活を変える必要があるかもしれません。

ピアノの調律以上に、生活の調律には手間がかかります。しかし、その後には必ず美しい音色があなたを待っています。

Copyright(c) 2010 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.