太陽の石

トップページショートエッセイ集2010年 > このページ

(2010.4.18)

探検家がオーストラリア大陸の真ん中で、きらきらと虹色に輝くとても美しい石を見つけました。あまりにもその石が美しいので、大切に箱の中にしまって持ち帰ることにしました。

家に帰った探検家は、その石を倉庫に持っていきました。その倉庫には、これまでの探検で手に入れた様々な珍しいもの、美しいものが陳列してあります。その美しい石を入れた箱は、一番奥の、象牙の置物の隣に置かれました。

しばらくたって、探検家は宝物の倉庫を掃除することにしました。宝物や陳列棚に降りた細かいほこりを丹念にふき取っているうちに、あのオーストラリアで拾ってきた宝石の箱に目が留まりました。その箱を開けてみて、探検家はびっくりしました。あの美しかった虹色の宝石は灰色にくすみ、まったくその光を失っていたのです。

彼は石を手に取って、ごしごしと磨き上げました。しかし、相変わらずの灰色です。「なんということだ!」 彼は苦々しくつぶやくと、その石を庭の隅に捨ててしまうことにしました。

探検家が石を庭に捨てようとした瞬間、その灰色の石は再び虹色に輝いていました。彼はその石をもう一度暗い部屋の中に持ち込みました。すると、またも石は光を失いました。外に出すと虹色に輝きます。そうです。この石は、太陽の光を反射して、あのように美しく輝いていたのです。

私たちもこの石と同じではありませんか? 「義の太陽」であるイエスさま抜きの人生は空しく、光を失っています。しかし、イエスさまと共にある人生は、私たちのものではない、天来の光に満ちあふれます。

Copyright(c) 2010 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.