レンガ積みの意味

トップページショートエッセイ集2010年 > このページ

(2010.10.10)

ある青年がヨーロッパ旅行をしました。とある町を通ったところ、たくさんの職人さんたちが、レンガを積み上げていました。青年は、一人の職人さんに声をかけました。

「おじさん、何してんの?」
「見りゃ分かるだろう。レンガ積んでんのよー」。

彼は、また別の職人に聞いてみました。

「おじさん、何してんの?」
「ほんとに、きつい仕事だ。これで時給600円だもんなぁ。やってられないよ」

青年は、一人のにこにこしながら働いている職人さんに目を留めました。青年はそのおじさんに近づき、そして声をかけました。

「おじさん、何してんの?」
「ここにな、神さまのために世界一の大聖堂を作っとるんじゃ」。

3人とも同じ仕事をしていました。しかし、その仕事にどういう意味を持たせるかによって、それぞれの感情も、行動も、生きる姿勢も異なっていました。あなたは、あなたの日常の生活に、どんな意味を持たせていらっしゃいますか?

Copyright(c) 2010 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.