単位に注目

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.2.13)

日本語を学ぼうとする外国人にとって、日本語の助数詞は苦労するポイントの一つだそうです。1個、1本、1台、1冊、1枚……数えるものによって助数詞が変わってきます。最近は、日本人でさえなかなか正しく数えられませんものね。

さて、ある小学生が学校で数の数え方を習ってきました。お父さんが試しに聞いてみました。「本はなんて数えるの?」 すると息子はちゃんと答えます。「1冊、2冊」。「鉛筆は?」「1本、2本」。

この辺は簡単ですから、お父さんは「じゃあ、ウサギは?」と引っかけ問題を出しました。さすがに「1匹、2匹」と答えるかと思ったら、息子はちゃんと学校で習っていますので、にやりと笑って答えました。「1羽、2羽」。

お父さん、すっかり感心して最後の質問。「じゃあ、馬は?」「1着、2着」。

助数詞と言えば、聖書を読んでいて分かりにくいポイントの一つに、単位があるでしょう。スタディオンだの、キュビトだの、エパだの言われても、いったいどれだけのものなのか……。そもそも長さなのか、重さなのか、お金の価値なのかも分からなかったりして。

たとえば有名なタラントのたとえ(マタイ25:14-30)で、3人のしもべはそれぞれ5タラント、2タラント、1タラントのお金を預かります。「たった1タラントしか預けてもらえなんて不公平だ」と思いもしますが、実はこの1タラント、とてつもない大金です。

1タラントは6000デナリで、1デナリは労働者の日当に相当します。皆さん(または皆さんのお父さんやご主人)の給料の20年分を考えてみて下さい。ちょっとこのたとえ話の印象が変わってきますよね?

日本語訳聖書には、脚注に単位の説明が書いてあるものがあります。また、ちょっとお金がかかりますが、聖書辞典なども出版されていますので、それらを参考になさると、今まで以上に聖書のことがよく分かってくるようになると思います。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.