50年後、100年後への遺産

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.5.29)

ある教会に奉仕に行ったとき、集会に先立って会堂を案内していただきました。数百人を一度に収容できる、広くて天井の高い礼拝堂。美しいステンドグラス。いくつもある祈祷室や集会室。何千万円もするような音響設備。三階建ての、落ち着いた美しい外観……。息を飲むばかりのすてきな会堂でした。

建物ばかりではありません。ご婦人方だけでなく、子どもも、若者も、壮年の男性も、お年寄りも、たくさんの方々が集い、元気に明るく楽しく交わり、賛美し、祈り、伝道し、活動しています。

その会堂の近くに、今はもう天国に住まいを移された、一人のご婦人が住んでおられました。私は神学生時代(もう20年以上も前)に、その方の家庭集会にお邪魔したことがあります。その方は、すでに80歳を超えておられましたが、とても笑顔の美しいおばあちゃんで、私は未だにその笑顔が忘れられません。

このご隠居さんは、戦争前からあの教会に集っておられました。当時は10人くらいの教会です。あの教会は、太平洋戦争中はひどい迫害を受けたそうです。それでも、10人くらいの信徒たちは、迫害にめげずにしっかりと神さまに結びつき、礼拝と祈りをささげ続けました。「この会堂は、そういう先輩たちの祈りによって建て上げられたのです」という、案内してくれた若い教会スタッフの言葉が印象的でした。

あなたの教会は、もしかしたらすばらしい会堂を持ってはいないかもしれません。一般の人たちの耳目を集めるような活動も行なってはいないかもしれません。私たち中通りコミュニティ・チャーチもそうです。

しかし、今ここで私たちが祈ったり礼拝したりすることは、ただ今だけにとどまるものではなく、50年先、100年先の教会、そして日本、世界を立て上げていく土台となります。次の世代に、良き信仰の遺産を残していきたいですね。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.