謙遜という奇跡

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.8.28)

「アーメン」とは、イスラエルの言葉で「その通りです」という意味です。お祈りの時にアーメンと唱えるのは、「この祈りは祈った通りです。これは私の真実な思いです」というような意味がこもっています。

さて、一人のご婦人が、礼拝堂で祈っていました。宣教師が近づいていきましたが、それにも気づかないように、一生懸命祈っていました。そこで、宣教師も隣にひざまずき、神さまが彼女の祈りを聞いてくださるように、サポートの祈りをすることにしました。

ご婦人はこう祈っていました。「ああ神さま。私はひどい罪人です」。隣でその祈りに心を合わせていた宣教師が言いました。「アーメン」。……すると、このご婦人、「馬鹿にしないで」と烈火のごとく怒り出しました。

謙遜であるとは……なかなか難しいものですね。もしも人が、いえいえ、この私が謙遜になれるとしたら、それは神さまの奇跡です。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.