宇宙の棋士

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.10.2)

将棋の大山康晴永世名人が、ご自分の将棋についてこんなことをおっしゃっています。「弱い駒が強い駒を負かす。そこに将棋の醍醐味がある。使い方によっては、歩の方が金将より力がある。私は歩をどのように使うか、いつも心を用いてきた」。

聖書を読むと、神さまも棋士のようなお方だと思えてきます。神さまに用いられてきた人たちは、必ずしもスーパーマンたちではありませんでした。弱く、不完全で、不器用な人たちが、それでも神さまに選ばれ、神の霊に満たされたとき、偉大な神の器に造り変えられていったのです。

あなたはご自分のことを小さな者だと思われますか? だとすれば、あなたは神さまに大いに用いられる可能性に満ちているということです。またあなたは、ご自分が不十分だから、まだまだ神さまを信じることができないと思っていらっしゃいますか? それは順番が逆だということを知ってください。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.