偶然の出会い

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.10.30)

キリスト教のセミナーで教えるために、仙台に行って来ました。授業では、私の子ども時代のエピソードなども交えて話をさせていただきました。

すると、授業が終わった後、一人のご婦人が近づいて来られ、「もしかして、お父さんの名前は……」と、私の父の名を出すではありませんか。なんと、私の出身地の、しかも同じ部落の出身の方で、中学教師だった私の父の教え子だったのです。結婚後、ご主人の転勤で仙台に引っ越してこられたということでした。

私の出身地は、四国の愛媛県で一番小さな町です。それが、こんなに遠くの地で、同じ部落の出身者と出会うなんて、何という偶然でしょうか。

しかも、私の出身地は伝道が難しいと言われている地域で、以前、近くの市にある教会が伝道所を出して開拓に挑戦したのですが、まったく実を結ばなかったそうです。実際、私が出身地にいた頃、生きているクリスチャン(少なくとも、自分がクリスチャンだと表明している方)に会ったことはありませんでした。それが、こんな遠くの地で、同じ主を信じる方に出会うなんて……。

しかし、キリストを信じる者にとって、偶然ということは決してありません。すべては全知全能なる神さまの特別の配慮のもとに起こったことと信じています。

13年前から私が教会を運営している東北地方も、伝道が難しい地域と言われています。実際、東京にいたときにはない難しさを実感してきました。しかし、この13年間、東京にいたときには感じなかった手応えもまた、感じてきました。今回の「偶然」の出会いを通して、神さまは私にそのことを思い出させてくださり、改めて励ましを与えてくださいました。

あなたの人生にも様々な出来事が起こります。うれしいこと、悲しいこと、びっくりするようなこと……それらはすべて神さまの特別の配慮によって起こります。あなたを愛し、あなたを幸せにしたいと願っておられる神さまの。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.