一つ忘れていること

トップページショートエッセイ集2011年 > このページ

(2011.11.6)

シンガポールで活躍しておられる、牧師であり心理学者であるジョセフ・オザワ先生の話を聞きました。

ある夜、オザワ先生の夢の中に、神さまが現れたそうです。先生は思わずひれ伏し、こう叫びました。「ごめんなさい!」

すると、神さまは先生にこうおっしゃいました。「あなたは、大切なことを一つ忘れてきたね」。

オザワ先生は、やらなければと思いながらできなかったあることを思い出しました。そして、「申し訳ありません。あのことですね」と言うと、神さまは「そんなことではない」とお答えになりました。

「それでは、あのこと?」「違う」「それでは、このこと?」「違う」……。オザワ先生は、思いつく限りの罪や失敗を並べ立てましたが、神さまは「そんなことではない」とおっしゃいます。

「では、私が忘れてきたこととはいったい何なのですか?」と尋ねると、神さまはこうお答えになりました。「あなたは、私の愛を受け取ることを忘れてきたね」。

罪を悔い改めることは大切なことです。しかし、それは私たちの罪が赦され、神さまにそのままの姿で愛されているという前提で行なわなければならないことです。もしかしたら、私たちも神さまの愛を受け取ることを、どこかに忘れてきてはいなかったでしょうか。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.