Are you born again?

トップページショートエッセイ集2012年 > このページ

(2012.4.8)

ヨーロッパの神学校の校長を務める神学者がいました。ある時、アメリカの神学校が彼に名誉学位を授与することとなり、彼は大西洋を越えてアメリカに渡りました。

飛行機を降り、バスで市街地に向かう途中、彼の肩を後ろからつつく人がいました。振り返ると、一人のおばさんがにこにこしながら話しかけてきました。「Are you born again?」(あなたは生まれ変わっていますか?)

神学者である彼は、この問いがアメリカの福音派のクリスチャンたちがよく使う言い回しであることを知っていました。そして、それがヨハネの福音書3章から取られた言葉であることも。

「イエスは答えて言われた。『まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません』」(ヨハネ3:3)

彼はおばさんに答えて言いました。「私はヨーロッパの神学校で校長をしています。アメリカの神学校で学位をいただきに来たのです」。

すると、おばさんは首を振りました。「いえいえ、私はあなたがどんなお仕事をしているか聞いたのでも、何をしにアメリカまでいらっしゃったのかを聞いたのでもありません。私があなたに聞きたいのは、あなたは新しく生まれていらっしゃるのかということです」。

その夜、ホテルの部屋で、彼はまんじりともしないで、あのおばさんの問いについて考えていました。自分は、新しく生まれるということの神学的な意味は知っているし、学生に教えもしてきた。しかし、この自分が新しく生まれているかどうかということについては、今まで考えもしなかった……。そして、彼はその夜生まれて初めてこう祈ったのでした。

「主イエスさま。私にも新しいいのちを下さい。私も新しく生まれたいのです」。

その夜以来、彼の人生はまったく変わりました。

さて、あなたはどうですか? あなたは新しく生まれていますか? もしそうでないのなら、新しく生まれたいですか?

今日はイースター。イエスさまの復活をお祝いする日です。聖書によれば、十字架にかかって死んだイエスさまが復活されたので、私たちにも新しい命が与えられます。そして、それを信じるとき、あなたも新しく生まれることができます。傷を負い、失敗し、不適切な生き方を繰り返してきた古いあなたは死に、神さまに愛され、祝福された、新しいあなたが生まれました。

「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(第2コリント5:17)

Copyright(c) 2012 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.