絵の下手な漫画家

トップページショートエッセイ集2012年 > このページ

(2012.5.27)

「サラリーマン金太郎」などで有名な漫画家、本宮ひろ志さんがこんな事をおっしゃっています。曰く、自分は絵が下手である。しかし、そのおかげで絵を描くという仕事のほとんどを他の人に委託している。その分時間が空くから、漫画のアイデアの元になるような様々な体験をしたり、構想を練ったりすることに使える、と。

絵が下手だというのはもちろん謙遜でしょう(でなければ、たくさんのアシスタントを雇えるほどに成功しなかったでしょう)。しかし、本宮さんの話は、他の誰かとチームを組んで働くことによって、それぞれ別々に働くよりも、働きの幅が何倍にもなることを示しています。

イエスさまも、弟子たちを遣わされる時には、2人1組で送り出されました。また、神の働きを継続なさるのに、教会という団体・組織を地上に残されました。また、神さまは、最初の人間アダムに助け手としてのエバをお与えになりました。そもそも神さまご自身が三位一体であり、父・子・聖霊のチームで働いておられます。

あなたが一人で抱え込んでいることを、少し他の人に委ねてみませんか? そして、あなたはあなたにしかできないことを精一杯やるのです。そうすると、もっともっとあなたは豊かな実を結ぶことができるでしょう。

Copyright(c) 2012 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.