落ち着かないドライブ

トップページショートエッセイ集2012年 > このページ

(2012.9.16)

中通りコミュニティ・チャーチの開拓を始めた頃、週日は警備員の仕事をやっていました。それが2年ほど続きました。

その頃は、車で道を走って工事現場にぶつかるたびに、「ああ、あの警備員の誘導、分かりやすいなあ。あんなふうにするといいんだな」なんて思ったり、電柱を見上げては「切換器が上がってるから、電気工事をするんだな。この様子だと、あっちの電柱からここまでの電線張り替えか」なんて思ったりしたものです(電線工事の交通誘導が一番多かったのです)。家族は、ドライブしていても、私がきょろきょろするものだから落ち着かないなんて言っていました。

ところが、警備会社を辞めて1年たっても、私は車を運転しながら同じことをやっていました。自分でも落ち着かないことこの上ないのですが、ついつい電柱を見上げてしまいます。習性というのは怖いものです。

私たちがクリスチャンとなった時にも同じことが起こります。クリスチャンになった時、私たちはすべての罪を赦されただけでなく、全く新しい存在に生まれ変わりました。しかし、もしあなたが救われたばかりのクリスチャンだったらこう思われるかもしれません。「自分は以前とちっとも変わらない」って。それは、キリストを信じる前の生き方が、私たちの体に染みついてしまっているからなのです。ちょうど私が、すでに警備員ではなくなったのに、電柱を見上げてしまっていたように。

しかし、警備会社を辞めて10年たった今、私は電柱を見上げなくなっている自分に気がつきました。

新しい生き方に慣れていくに従って、古い生き方の癖は影を潜めていきます。だから、大丈夫です。あなたは少しずつ、古い罪の生活から解放されて、神の子どもとしての新しい生き方に慣れていきます。

Copyright(c) 2012 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.