信仰の従順

トップページ聖書のメッセージ集2009年 > このページ


ローマ人への手紙16章25〜27節

(2009.2.22)

該当の聖句を読んでみて、分からない単語や言い回し、複数の意味に取れる表現、疑問に思ったことなどはありませんか?

この聖句は、この書全体の中で、どういう位置を占めていますか? 前後を読んだり、参考書を調べたりして、記者の論理の流れをつかみましょう。また、この書の書かれた歴史的、地理的背景も調べましょう。

この箇所は、私たちにどんな教訓やチャレンジを与えていますか?

イントロ

どうしたら、聖書が約束しているような、奇跡に満ちた、生き生きとした人生を体験できるでしょうか。

1.目的を知ろう

伝道者パウロは、神さまの私たちに対する目的は、私たちに信仰の従順をもたらすことだと書いています。また、ローマ1:5では、自分が伝道者の働きについたのは、人々に信仰の従順をもたらすためだとも。

神さまの願いは、私たちが神さまに対して従順であることです。

2.聞こう

従順(ギリシャ語でヒュパコエー)とは、「聞いて行なう」という意味です。

まずは、私たちの主人である神さまの言葉を聞きましょう。「信仰は聞くことから始まる」(ローマ10:17)とも書かれています。

神さまは、私たちに様々な方法で語って下さいます。特に、聖書と祈りは、神さまの声を聞くのには欠かせません。聖書は、救いに必要な情報を与えます。いろいろな教理(神や人、救い、教会、終末などについての教え)の基礎となります。何が罪なのかを示します。そしてどのように生きるべきか、またどうすればそのように生きられるのかを教えます。

従順というと、イヤイヤながら「はい。はい」と、まるで奴隷のように聞き従うというイメージがあるかも知れません。一般の奴隷は、罰が怖いので、イヤイヤ従います。しかし、神の奴隷はそうではありません。自分がどんなに神さまに愛されているのかを知り、神さまの愛に突き動かされて、自発的に従うことを決めるのです。出エジプト記21:1-6には、神の奴隷がどのような者かをイメージするために、神さまがイスラエルに定めた奴隷に関する律法が記されています。

イスラエルに律法が与えられた時、神さまはこうおっしゃっています。「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神、主である」(出エジプト20:1)。神さまが私たちに従順を要求なさる時、その前提として、まず神さまが私たちを愛し、救い、私たちに使えて下さったという事実があります。そのような愛にあふれた主人だから、自発的に聞き従うのです。私たちの主人は、私たちのためにいのちを投げ出されました。

聖書を、すべし・すべからずの規則の書としてではなく、まずどれだけ神さまが私たちを愛しておられるか、それが記されているラブレターとして読んでみましょう。祈りの中で、どれだけ神さまが私たちを愛して下さっているかを思いめぐらしてみましょう。そうすれば、必ず、強いられてではなく、自然と「神さまのみこころが知りたい」と思われるでしょう。

その上で、聖書を読み、あるいは礼拝メッセージなどで聖書の解説を聞き、「これはどういう意味だろう」「これは今の私にとってどんな意味があるだろう」「今日、何をするように神さまは私に望んでおられるのだろう」「神さまは、今の私に、ご自分がどんなお方だと教えようとなさっておられるのだろう」と、じっくりと考えてみるのです。「どうか、神さま、教えて下さい」と祈りながら。

3.実行しよう

そして、聞いたことを実行するのです。ヤコブは「みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません」(ヤコブ1:22)と教えています。

「知識は人を高ぶらせ、愛は人の徳を建てます」(第1コリント1:8)。単なる知識は非常に危険です。聖書の知識だけがどんどん増えていくと、イエス時代のパリサイ人のように、豊富な聖書知識で、人や自分の足りなさをさばき始めるのです。また「自分は知っている」と思う人は、それ以上学ぼうとしなくなり、成長がストップしてしまいます。

聖書の知識は、実際に体験してこそ意味があります。 この話をお読みください

聖書の言葉を聞いた時、それを具体的に考えてみましょう。

たとえば、先週のメッセージのポイントの一つで、「神さまも他の人もコントロールしない」ということを学びました。その時、具体的に考えるとは、「私は、誰に対して、どんなコントロールをしているだろうか」「コントロールをやめるというのは、代わりにどういう行動をすることだろう」と考えるのです。そして、それを実行します。

実行する情熱や勇気や力がなかったとしたら、それを神さまに求めましょう。

まとめ

信仰の従順について、具体的にもっともっと学びましょう。

あなたは、ここからどんなチャレンジを受けていますか? この箇所を読んで、生活や態度をどのように変えるよう示されていますか? 何を決心しましたか? 抽象化しないで、具体的に表現しましょう。

Copyright(c) 2009 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.