ますます豊かになる生き方

トップページ聖書のメッセージ集2009年 > このページ


マタイによる福音書10章10〜17節

(2009.5.10)

該当の聖句を読んでみて、分からない単語や言い回し、複数の意味に取れる表現、疑問に思ったことなどはありませんか?

この聖句は、この書全体の中で、どういう位置を占めていますか? 前後を読んだり、参考書を調べたりして、記者の論理の流れをつかみましょう。また、この書の書かれた歴史的、地理的背景も調べましょう。

この箇所は、私たちにどんな教訓やチャレンジを与えていますか?

イントロ

私たちは豊かさを求めます。今日のイエスさまの話を通して、天国の豊かさを味わう秘訣を学びましょう。

1.聞き方に注意しよう

たとえで話す理由

弟子たちは、イエスさまが群衆にたとえ話をなさるのを聞きました。そして、どうしてたとえをお用いになるのか質問しました。どうやら弟子たちには、たとえではなく、もっとストレートにお話しになったようですね。

イエスさまの答えは13節にあります。群衆が、見えているけれど見てないし、音は聞こえていても聞いてない。だから、悟ることがないからだといいます。

それは、物理的に光や音が入るかどうかではなく、どういう心の姿勢で見たり聞いたりするかが大事だよ、ということです。

聞き方に注意しなさい

12節の言葉は、平行記事であるルカ8:18にも書かれています。そして、ルカ8:18の前半で、イエスさまはこんなことを語っておられます。「聞き方に注意しなさい」と。

それは、聞く気で聞きなさい、真剣に聞きなさい、素直な心で聞きなさいということですね。

聞き方次第

たとえ話は、私たちの心の姿勢を明らかにします。たとえ話は、真剣に聞こうとする人にとっては、メッセージを深く理解するのを助けます。しかし、最初から信じようとしない人にとっては、何を言っているのか分かりません。

私たちは、どういう心でイエスさまの言葉や、聖書に書かれている父なる神さまのメッセージを聞いているでしょうか。それがますます豊かな人生を送るのには大切です。

では、どういう心で聞けばよいのでしょうか。

2.期待して聞こう

いのちを与えるみことば

マタイ4:4で、イエス人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。さまははこうおっしゃっています。「人はパンだけで生きるのではない」。もちろん、ご飯だって、おかずだって必要だ……ということではありません。

イエスさまは続けてこうおっしゃいました。「神の口から出る一つ一つのことばによる」と。

パンやご飯は、私たちの体を養いますが、それだけでは人が生きていることにはなりません。神さまのみことばは、私たちの心や魂を養います。みことばは私たちに本当のいのちを与えるのです。

いのちの特徴は変化・成長です。みことばは、私たちを造り変えます。 この話をお読みください

どうせ私なんか

今日の箇所の直前は、4つの土地のたとえ話です。みことばの種が実を結ばない土地の一つとして、道端があります。堅く踏み固められた土のため、種が土の中に入っていくことができず、鳥(悪魔)がやってきて食べてしまい、みことばの約束など無かったことになってしまうのです。

道端のような心の人とは、神さまとか信仰とかにまったく関心を示さない人です。しかし、神さまや神さまが与えてくださる豊かな人生に関心を示しながら、道端のようにみことばをはじいてしまう人もいます。それは、「どうせ私には無理」と思っている人です。

期待しよう

神さまはあなたを愛しておられます。あなたを悔しがらせるために、約束だけちらつかせ、「お前にこの祝福はあげないよ」などとおっしゃる方ではありません。あなたが神さまの約束を知ったということは、あなたもその約束をいただく資格があるということです。

ですから、期待しましょう。

まず、「いのちを与えるみことばを聞きたい」と強く願いましょう。

そして、「この自分に、どんな約束が与えられるかしら」と、ワクワクしながら聖書を開き、祈りの中でみことばを待ちましょう。

3.聞いたら信じよう

約束に基づく幻

信じる心でみことばを聞くというのは、聞いたら信じるということです。そして、信じるというのは、みことばの約束に基づいた未来をの幻を思い描くことです。

あなたは、目で見える世界だけを見ていません? それは、イエスさまがおっしゃるように「見ているけれども見えていない」状態です。信仰とは、みことばの約束に基づいて、見えない世界を見ることです。

喜びや平安がついてくる

みことばに基づく、肯定的な幻を思い描くと、ダメだと思えるような状況にあっても、喜びや平安がわき上がってきます。 このお話をお読みください

幻が人生を導く

そして、肯定的な思いを生み出す幻は、私たちの人生を、その幻が描いている世界へと強烈に導きます。

まとめ

どうすれば豊かな人生を送ることができますか? それは、前向きな幻を思い描くことです。

どうすれば、幻が与えられますか? それは神さまの、約束の言葉、励ましの言葉、慰めの言葉を聞くことです。

どうすれば、神さまのみことばを聞くことができますか? それは、まず聞きたいと願うことから始まります。

あなたは、ここからどんなチャレンジを受けていますか? この箇所を読んで、生活や態度をどのように変えるよう示されていますか? 何を決心しましたか? 抽象化しないで、具体的に表現しましょう。

Copyright(c) 2009 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.