聖霊に満たされるとき

トップページ聖書のメッセージ集2009年 > このページ


使徒の働き2章1〜21節

(2009.5.31)

該当の聖句を読んでみて、分からない単語や言い回し、複数の意味に取れる表現、疑問に思ったことなどはありませんか?

この聖句は、この書全体の中で、どういう位置を占めていますか? 前後を読んだり、参考書を調べたりして、記者の論理の流れをつかみましょう。また、この書の書かれた歴史的、地理的背景も調べましょう。

この箇所は、私たちにどんな教訓やチャレンジを与えていますか?

イントロ

今日はペンテコステです。ペンテコステは、元々はユダヤの収穫感謝祭でした。しかし、イエスさまが十字架にかかり、復活し、天にお帰りになった後、ペンテコステの祭りの日に、ある特別な出来事が起き、それからクリスマス、イースター(復活祭)に並ぶ、キリスト教三大祭りの一つとしてお祝いするようになりました。

この日、神の霊、聖霊が弟子たちに降り、彼らが内側からまったく新しく造り変えられ、教会が誕生したのです。そして、聖霊は、今日も私たちクリスチャンを満たし、新しく造り変えてくださいます。

聖霊は弟子たちをどのように造り変えたのでしょうか。それを通して、私たちがどのように造り変えられるのかを学びましょう。

1.神を賛美する

異言で語った弟子たち

下ってこられた聖霊に弟子たちは満たされました。これを聖霊のバプテスマと呼ぶことがあります。バプテスマというのは洗礼のことですが、もともとは浸すという意味で。聖霊のバプテスマは、聖霊漬けにされるということですね。聖霊がその人を多い、その人の内側を満たし、その人に聖霊の影響力が豊かに及ぶようになるのです。

聖霊のバプテスマを受けた弟子たちは、突然習ったことのない外国語で話し始めました。それは「神の大きなみわざ」についての話でした。すなわち、神さまを賛美し始めたのです。

習ったことのない言葉で神さまを賛美したり祈ったりするのを、異言といいます。聖霊に満たされると、必ず異言が語れるようになるわけではありませんが(第1コリント12:30)、聖霊に満たされると、神さまの愛が心に激しく迫ってくるようになります。そして、神さまのすばらしさをほめたたえずにはいられなくなるのです。

 この話をお読みください

酔っぱらいと間違えられた弟子たち

聖霊に満たされたとき、弟子たちの様子は、まるで酔っぱらっているようにも見えたようです。

聖霊に満たされると、内なる喜びのために笑いがこみ上げてきたり、涙が出てきたり、突然エネルギーに満ちあふれて元気になったり、外から見ていると、なんだか酔っているようにも見えます。

本当の酔っぱらいと違うのは、理性はちゃんと働いているので、行動がコントロールできるということです。

生まれて初めて聖霊の満たしを体験したとき、私は異言の賜物を与えられました。その夜は、一晩中でもぶつぶつと異言で祈ったり賛美したりしていました。やめようと思えばいつでもやめられます。でも、何がうれしいのかよくわからないのですが、神さまのすばらしさに喜びがわき上がってきて、また祈りたくなるのです。もし同居人がいたら、たぶん酔っぱらっているように見えたことでしょう。

感動は聖霊からくる

キリスト教は、単なる知性だけのものではありません。全人格的なものですから、感情的にも変化が生じます。あるいは静かな喜び、あるいは激しい喜びがあなたを包むでしょう。

神さまの愛をもっともっと実感したいですか? ならば、聖霊に満たされるように祈りましょう。

2.人格が変わる

大胆になった弟子たち

イエスさまが捕らえられた当初、弟子たちは皆逃げ出してしまいました。十字架の後も、弟子たちは鍵のかかった部屋に隠れていました。ところが、ペンテコステ以後は、大胆に人々の前に姿を現し、伝道するようになったのです。

また、弟子たちは、誰が一番偉いかなどと議論していました。しかし、ペンテコステ以後、互いに心を合わせ、愛し合い、支え合う共同体へと造り変えられました。

聖霊に満たされたとき、弟子たちは内側から造り変えられ、その人格が変えられました。

再創造

聖霊は、この宇宙をお作りになった神です。創世記1:2には、天地創造の時、聖霊はそこにいて働いておられたことが記されています。そして、私たち人間もまた、神さまによって造られ、生かされています。

この前、うちのビデオカメラが壊れてしまいました。電器屋に持って行くと、電器屋はメーカーにそのカメラを送りました。そして、半月後にきれいに直って戻ってきました。

私たちをお造りになった神の霊、聖霊は、私たちを造り変えることができます。

御霊の実

聖霊は、あなたの内側に、麗しい人格の「実」を結ばせてくださいます。「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です」(ガラテヤ5:22-23)

3.証しをする

預言し、幻を見、夢を見る

酔っぱらいに間違えられたペテロは、預言者ヨエルの言葉を引用して説明しました。聖書の「預言」というのは、単に未来のことを言い当てるということではありません。

未来のことを語ることで、励ましたり警告したりすることもありますが、現代という時代に神さまからのメッセージを語るのが、預言の中心です。今ここに生きる人たちを、励ましたり慰めたり警告したりするのが、預言の目的です。

では、ヨエルの預言を通して、神さまは今に生きる私たちにどんなメッセージを語っておられるのでしょうか。

青年とは、まだまだ経験が浅く、一人前ではないと思われているような人のことです。老人とは、もう人生の盛りを過ぎていると思われているような人のことです。

しかし、そのような人であっても、神の霊に満たされるとき、新しい力を得、希望が与えられ、世の中を見通す知恵が与えられ、世の中を変えるような影響力を持つことができるということです。

実際、120人ほどだった弟子たちは、やがてローマ帝国全体をひっくり返し、世界中に愛の炎を広げていきました。マザー・テレサは、最初一人で活動を開始しましたが、その愛の技は世界中に影響を与えていきました。キング牧師のメッセージは、始めは一つの教会堂の中だけで語られていましたが、やがて全米を公民権運動へと巻き込んでいきました。

あなたも世の中を変える

あなたは説教はできないかもしれません。しかし、ご自分の救いの体験をお話しすることはできると思います。これを証しといいます。

神さまは、ご自分の救いの計画をこの世に広めるのに、忠実で力のある天使ではなく、不完全な人間をお用いになります。それは、天使は罪を犯したことがないので、救われたことがないからです。自分が許され、受け入れられ、愛されているという救いの体験、その喜びや感動こそが、他の人の心を打つのです。

聖霊はあなたに救いの喜びを味わわせてくださいます。そして、他の人に自分の体験を話し、その人にも救いの喜びを体験してもらいたいと思う願いを与えてくださいます。そして、証しする力をもくださいます。場合によっては、証拠の奇跡まで起こしてくださることもあります。

アンデレやピリポのように

今年も、あと7ヶ月となりました。これはノルマではないのですが、一人が一人を礼拝式に誘うことを、祈ってみましょう。使徒アンデレは、自分の兄弟ペテロをイエスさまの所に連れてきました。使徒ピリポは、友だちのナタナエルを連れてきました。

人を救うのは私たちの知恵や力ではありません。それは聖霊の仕事です。最後の責任は神さまがとってくださいます。ですから、家族や友人を誘いたいという思いが与えられるように、聖霊に救いの喜びをもっともっと味わわせてくださるように求めましょう。

また、どうやって誘ったらいいか、どのタイミングで切り出せばいいかを見分ける知恵が与えられるように、勇気が与えられるように、また相手の心が開かれるように、連れてきたときに最善のメッセージが語られるように、そしてその人が救いを求める心が与えられるように、祈りましょう。

今年中に礼拝に誘いたい人を何人かピックアップし、今日から祈り始めましょう。

まとめ

聖書の原則はいつも同じです。それは、「神さまの約束は、信仰によって受け取る」ということです。あなたが聖霊に満たされ、聖霊による喜びを体験し、造り変えられ、神さまの世界救済プロジェクトに参加することはることは、神さまのみこころであり、神さまの願いです。

信仰は祈りによって表現されます。弟子たちは、イエスさまの言いつけ通り、満たしを求めて祈っていたときに聖霊のバプテスマを受けました。ですから、「必ず満たされることを信じます」と祈りましょう。「だから聖霊で満たしてください」と祈りましょう。すでに聖霊体験をなさった方も、毎日毎日、一瞬一瞬満たされ続けるように祈りましょう。

あなたは、ここからどんなチャレンジを受けていますか? この箇所を読んで、生活や態度をどのように変えるよう示されていますか? 何を決心しましたか? 抽象化しないで、具体的に表現しましょう。

Copyright(c) 2009 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.