医者よ。自分を直せ

トップページ聖書のメッセージ集2011年 > このページ


ルカによる福音書4章16〜30節

(2011.7.24)

該当の聖句を読んでみて、分からない単語や言い回し、複数の意味に取れる表現、疑問に思ったことなどはありませんか?

この聖句は、この書全体の中で、どういう位置を占めていますか? 前後を読んだり、参考書を調べたりして、記者の論理の流れをつかみましょう。また、この書の書かれた歴史的、地理的背景も調べましょう。

この箇所は、私たちにどんな教訓やチャレンジを与えていますか?

イントロ

イエスさまが故郷のナザレに来たとき、カペナウムなど他の町で行なったような奇跡をほとんどなさいませんでした(マルコ6:5)。私たちは、人生の中で神さまの奇跡を目撃し、体験したいと思っています。今回の記事で、その秘密を学びましょう。

1.恵みのことば

イザヤ61章

ナザレの会堂で説教を依頼されたイエスさまが開かれた聖書箇所は、イザヤ書61章でした。ここで「わたしに油を注がれた」と書かれていますが、この「わたし」とはイザヤのことではなく、旧約聖書でずっと預言され続けてきた、やがて来る救い主(メシヤ)のことです。

イザヤ61章は、解放のメッセージです。イスラエルに向かって、イザヤは救い主によってあなた方は解放されるのだと語りました。これはただ単に政治的な自由を得るというだけのことではありません。

私たちは、自分で自分の行動や心をコントロールすることができません。本当はしたいと思っている正しいことができず、したくないと思っている悪いことをしてしまう。そのような不自由な存在です。

救い主は、そのような不自由な私たちを解放してくださいます。

わたしがメシアである

さて、イエスさまはイザヤ61章の言葉を語られた後、イエスさまは聖書の巻物を閉じ、おもむろにこう宣言なさいました。「きょう、聖書のこのみことばが、あなたがたが聞いたとおり実現しました」

ナザレの人々はこの宣言をどう理解したかというと、イエスさまが「私こそ、この箇所で描かれている油注がれた者、救い主、メシヤである」と宣言したんだと受け止めました。だから、「この人は、大工ヨセフの息子じゃないか」とつぶやいたのです。これは「何を偉そうなことを言っているんだ」という意味です。それくらい、とんでもないことを、イエスさまは宣言なさったのでした。

今日実現した

そして、「メシヤがこうして来たのだから、解放は今日実現したのだ。すでに主の恵みの年は始まったのだ」と、イエスさまは宣言なさったのです。

私たちは、自由を求めています。政治的な自由はもちろんですが、精神的にも、人格的にもあらゆる面において束縛から解放されたいと願っています。しかし、その解放はすでにもたらされたとイエスさまはおっしゃっています。

あなたにも、神さまは自由を約束しておられます。それはイエスさまによってもたらされます。そして、それはこれからあなたに与えられるのではなく、すでに与えられています。

2.聴いた人々

驚いた

聞いたナザレの人々はどうしたでしょうか。まず驚きました。イエスさまのおっしゃることが、あまりにもすごいことだったからです。

疑った

と同時に、彼らはイエスさまの言うことを疑いました。すなわち、信じませんでした。

平行記事であるマルコ6:6には「イエスは彼の不信仰に驚かれた」と書いてあります。しもべをいやしてもらったローマの百人隊長や、娘をいやしてもらったツロ・シドンの女性の場合には、その信仰故に驚かれましたが、ナザレはその逆です。イエスさまがびっくりするくらい、まったくイエスさまのおっしゃることを受け入れなかったのです。

すでに神さまの解放の祝福は、ナザレの人々の前に置かれていたのに、彼らはそれを信じませんでした。

そのためにナザレでは、ほんの数例を除いて、イエスさまは奇跡を行なうことができませんでした(マルコ6:5)。

追い出した

イエスさまは、そんなナザレの人たちに、どうにか信じる心を持って欲しいと願われて、旧約聖書のエリヤとエリシャの記事を語られました(25-27節)。

これは、ユダヤ人だから自動的に奇跡を体験したのではなく、異邦人(外国人)だったこのやもめや将軍には、神さまに期待し、神さまを信頼する信仰があった。だから祝福されたのだ。鍵は信仰なんだ。だからあなた方も信じなさい……そう言いたかったのです。

しかし、聞いたナザレの人たちは、「神の民である我々ユダヤ人を馬鹿にするのか」と怒り、イエスさまを町から追い出し、殺そうとしました。結局、イエスさまのことを受け入れなかったのです。

3.私たちに問われていること

みことばを受け入れること

今回の箇所が私たちに教えていることは、「すでにイエスさまによって解放が与えられている。それを信じ、受け入れましょう」ということです。

神さまは、あなたを救い、神の子として受け入れ、あらゆる束縛から解放してくださいました。その祝福は、すでにあなたの前に置かれています。私たちがすべきことは、それを「ありがとうございます」と受け取ることです。

まとめ

みことばを読み、それを受け入れましょう。

あなたは、ここからどんなチャレンジを受けていますか? この箇所を読んで、生活や態度をどのように変えるよう示されていますか? 何を決心しましたか? 抽象化しないで、具体的に表現しましょう。

Copyright(c) 2011 Nakadoori Community Church All Rights Reserved.