スクールソーシャルワーカーだより

子育てのヒント11

今年度最後の「スクールソーシャルワーカーだより」です。今日も、子育てに役立つコミュニケーション法をお伝えいたします。

何が言いたかったんだろう

中学生2年生の息子さんが、家庭で宿題以外の学習をしないことに悩んでいるご夫妻がいらっしゃいました。息子さんは部活動で疲れて帰ってくるため、家ではごろごろして過ごすのです。でも、学校からも、予習復習をするよう言われているし、来年は受験ということで親としても心配です。

 

そこでご主人が、「最近あいつも反抗期気味だから、母親の君がうるさく言うよりも、父親の俺が出て行った方がいいだろう」と言って、息子さんの部屋に向かいました。

 

「ちょっといいかい?」

 

息子さんの部屋に入ったお父さん、自分も学生時代に野球部に在籍してがんばったこと、文武両道し、家が貧しくて塾などには行けなかったけれど、一生懸命勉強して国立の大学に入ったことなどを話しました。

 

次の朝、息子さんが朝食を食べているとき、お母さんが尋ねました。

 

「昨日は、お父さんにどんな話をしてもらったの?」

 

すると、息子さんが困った顔をして答えました。

 

「うーん。父さんの学生時代の苦労話。なんだか、いろいろ苦労してきたみたいだね。でも、母さん、なんで父さんは突然あんな話を僕にしたんだろう? 最近影が薄いから、俺だってがんばってるんだぞってことを認めて欲しかったのかなあ? 母さん、もっと父さんを尊敬して、大切に扱ってやらないとだめだよ」。

 

お父さんは、やる気次第で、勉強と部活動は両立できるということを伝えたかったのです。そして、自分だってできたんだから、自分の息子であるお前にもきっとできるということを伝えたかったのです。でも、残念ながら、息子さんには全く伝わっていませんでした。

 

このように、こちらは伝えたつもりなのに、相手には全く伝わっていないということが、ありませんか? そういうことが多いという方は、伝え方を少し工夫してみると良いでしょう。

サンドイッチ法

中学生に、受験の小論文や面接で、自分の気持ちや考えをどう伝えたらいいか相談を受けました。そこで、「サンドイッチ法」と呼ばれるやり方を教えました。これは、話の最初と最後に、伝えたいメッセージを一言で表現し、間にその理由や根拠を挟むというやり方です。

 

先ほどのお父さんの例を使うと、このようになります。

 

「部活で疲れていると思うけれど、お父さんは、お前に宿題以外に最低1時間は机に向かって欲しいんだよ。というのは、行きたい高校を安心して受験できるためには、宿題以外の家庭学習がどうしても必要だし、もしも、成績が追いつかないせいで、お前が行きたい高校に入れないということになったら、親としてお父さんたちも悲しい。だから、後悔しないために、宿題以外に、最低1時間勉強して欲しい」。

 

ポイントは

サンドイッチ法で大切なポイントが三つあります。

 

第一は、伝えたいメッセージを、一言で表現するということです。一言で表現できないということは、本人もまだ明確じゃないということですから、聞く方は余計に理解できません。

 

第二は、伝えたいことは一つに絞るということです。ついでだからと、あれもこれも伝えては、かえって焦点がぼやけて、理解してもらえなくなってしまいます。

 

第三は、間に挟む理由や根拠が、ちゃんと理由や根拠になっていること。しゃべる前に、紙に書き出して、独りよがりになってないかどうか、客観的に眺めてみるといいでしょう。

 

サンドイッチ法を使うと、長々と話をする必要がありません。お互いに、時間をセーブでき、しかも効果があります。ぜひ実践してみてください。

 

 

それでは、来年度もよろしくお願いいたします。子育てに関して相談があれば、いつでもどうぞ。

2010年3月号関連ページ

2009年5月号
お子さんが、家のお手伝いや困っている人のお手伝いを喜んでする、積極的で優しい人に育って欲しい。それは、親としての当然の願いでしょう。そのためには、親としてどんな子育てを心がければよいのでしょうか。
2009年6月号
押しつけでないやり方で、「こうなって欲しい」という姿をお子さんに伝えるためのヒントをお話しします。
2009年7月号
今回のテーマは「ほめる」です。
2009年8月号
前回、「ほめる」をテーマにしましたが、ほめてばかりはいられませんね。今回は、「叱る」をテーマにお話しします。
2009年9月号
前回に引き続き、「叱る」をテーマにお話しいたします。
2009年10月
今回は、周りの大人たちが子どもたちに贈ることができる、最高のプレゼントは何か……というお話です。
2009年11月号
子どもに自信をつけるには、大切に扱う必要がありますが、それにはどんな方法があるでしょうか。
2009年12月号
どうしたら子どもが「聴いてもらった」と満足するような聴き方ができるか、具体的なテクニックをお話しします。
2010年1月号
今回は、反抗期のお子さんを持つお母さんからの質問にお答えします。
2010年2月号
血液型占いって、本当に当たるんでしょうか?