スクールソーシャルワーカーだより

子育てのヒント2

こういう子どもに育って欲しい…親ならば、誰しも子どもに対して理想を抱いていることでしょう。しかし、このような子になれと言うだけでは、なかなかその思いが伝わらず、かえって反発を招くこともあります。そして、そのためにもどかしい思いをなさることが多いかもしれません。

 

今日は、押しつけでないやり方で、「こうなって欲しい」という姿をお子さんに伝えるためのヒントをお話しします。

夢の学力テスト

ある小学校に、教育心理学の学者が訪ねてきました。そして、新しい学力テストができたので、子どもたちにモニターになってもらいたいと依頼しました。学者によると、このテストは、半年先のその子の学力が予言できるというものです。そこで、あるクラスが選ばれて、子どもたちにそのテストを受けてもらうことになりました。

 

テストの結果が出て、それを担任の先生に伝える際、学者はひとつのお願いをしました。それは、結果については決して子どもたちに公表しないということです。公表することで、子どもたちのやる気に影響が出ることを防止するためです。「半年後に必ず成績が下がる」などと言われたら、やる気をなくしてしまい、その結果成績が下がるかもしれませんからね。それでは、テストが本当に半年後の学力を予言したかどうか分かりません。

 

学者は、5人の子どもの名前を挙げました。そして、担任の先生に、「この子たちの成績は、半年後に爆発的に伸びます」と言いました。挙げられた5人の子どもたちは、元々成績が上位の子もいれば、下位の子もいました。しかし、いずれも、その後成績が爆発的に伸びたのです。いやぁ、すごいテストができたものですね。

無意識へのメッセージ

しかし、実はこのテスト、新しく開発されたものではありません。その辺の書店さんでも手に入る、普通のテストだったのです。しかも、必ず学力が上がると予言された5人というのは、テストの結果で選ばれたのではなく、サイコロを振って適当に選ばれた子どもたちでした。

 

それなのに、なぜ5人は成績が爆発的に伸びたのでしょうか。犯人(?)は担任の先生です。偉い学者先生に「この子たちは伸びる」と言われたものだから、それを心から信じてしまったのです。 もちろん、結果は言ってはいけないと釘を刺されていますから、「あなたたちは成績が上がる」とは言えませんが、きっと見つめるまなざしが違ったことでしょう。そして、無意識のうちに「あなたたちは伸びる子だ」というメッセージが伝わったのでしょう。

 

すると、その子たちの無意識も「私は伸びる子だ」と信じます。「自分はこういう存在だ」と信じると、実際にそうなるように、無意識があの手この手で助けてくれるようになります。その結果、勉強も楽しんでやれるようになり、成績も伸びていったのだと考えられます。

 

つまり、彼らは、元々伸びる可能性を持っていました。それが、信じてもらうことで引き出されたということです。可能性がなければ伸びませんから。そして、その5人以外の子たちも、周りの大人たちが「この子は伸びる」と心から信じてあげさえすれば、同じように成績が伸びたはずです。

 

あなたのお子さんは、どんなお子さんですか? これからどうなって欲しいかではなく、「今」どんなお子さんですか? 「もっときびきび行動して欲しい」というのは、「今はグズだ」と思っているということですね。そして、「この子はグズだ」と思っていたら、ますますそうなります。無意識に「お前はグズだ。いいか、グズなんだぞ。決して機敏になんか動けないぞ」と洗脳しているようなものだからです。

 

アインシュタインもノーベルも、発達上の課題を抱えていて、学校でも不適応だったようです。でも、彼らの親たちは「この子は天才だ」と、その可能性を信じ続けました。

 

この子は優しい子、この子はお手伝いが大好きな子、この子は元気な子、この子は伸びる子…まずは周りの大人がそう信じることから始めたいですね。そして、その信念は真実です。だから、可能性が呼び出されて、ますますそうなっていくのです。

2009年6月号関連ページ

2009年5月号
お子さんが、家のお手伝いや困っている人のお手伝いを喜んでする、積極的で優しい人に育って欲しい。それは、親としての当然の願いでしょう。そのためには、親としてどんな子育てを心がければよいのでしょうか。
2009年7月号
今回のテーマは「ほめる」です。
2009年8月号
前回、「ほめる」をテーマにしましたが、ほめてばかりはいられませんね。今回は、「叱る」をテーマにお話しします。
2009年9月号
前回に引き続き、「叱る」をテーマにお話しいたします。
2009年10月
今回は、周りの大人たちが子どもたちに贈ることができる、最高のプレゼントは何か……というお話です。
2009年11月号
子どもに自信をつけるには、大切に扱う必要がありますが、それにはどんな方法があるでしょうか。
2009年12月号
どうしたら子どもが「聴いてもらった」と満足するような聴き方ができるか、具体的なテクニックをお話しします。
2010年1月号
今回は、反抗期のお子さんを持つお母さんからの質問にお答えします。
2010年2月号
血液型占いって、本当に当たるんでしょうか?
2010年3月号
何が言いたいのかを、相手に上手に伝える方法についてお話しします。