スクールソーシャルワーカーだより

子育てのヒント4

前回、「ほめる」をテーマにしましたが、「ほめてばかりはいられません。子どもが悪いことをしたときには厳しくしつけないと……」という感想をいただきました。確かにそうですね。

 

そこで、何回か「叱る」をテーマにお話しいたします。

迷子になった娘

私には、大学2年生と高校1年生の娘がいます。家内が次女を妊娠していた頃に、家族3人でディズニーランドに遊びに行きました。お昼頃になり、ピザでも食べようかと、夫婦してメニューに気を取られた一瞬の隙に、長女(3歳になる直前でした)がパーッと走り出し、人混みの中に消えてしまったのです。慌てた私たちはすぐにあとを追いましたが、どこにも姿が見えません。

 

おろおろしているところに、お掃除のお兄さんが、箒とちり取りを手に持ち、足にはローラーブレードを履いて登場しました。事情を説明すると、「大丈夫です。私のようなスタッフがたくさん巡回していますから、すぐに保護して迷子センターにお連れします。そうですね、あと40分ほどしたら、迷子センターの方においでください」とのこと。

迷子センターにて

ぼーっと待っていても仕方がないので、二人でピザを注文しましたが、砂をかむような味でしたね。そこで、食事もそこそこに迷子センターに向かいました。娘はいるかなと窓から中をのぞくと、いるわいるわ、どこからわいて出たんだというほどたくさんの子どもたち。それが、絵本を読んだり、ぬいぐるみで遊んだり、スタッフのお兄さんお姉さんとお遊戯したりして過ごしています。

 

我が長女は……いた! なんと、大好きなプーさんのビデオを見ながら、ゲラゲラ笑っているではありませんか! 私はカーッと頭に血が上りました。そして、連れてこられた娘に向かって、「黙っていなくなったらダメじゃないか!」……なんて怒鳴りつけませんでした。

 

いや、頭に血が上ったのは本当なんですが、娘が連れてこられるまでの数十秒の間に、幸いなことに私は冷静になることができました。私は、元々怒っていたわけじゃありません。私は娘がどうにかなるんじゃないかと心配だったのです。もう二度と会えなくなるんじゃないかと不安だったのです。そして、心配や不安を私に与え、しかもそれを自覚しないで楽しく過ごしている娘に対して、罰のために(復讐のために)怒りがわいてきたのだと気づきました。

 

実際の対応

そこで、私は娘に言いました。「薫ちゃん、楽しかったね〜」。実際、娘は至福の時を過ごしていました。娘が走り出したのは、ミッキーマウスを発見したからで、なんとミッキーに連れられて、迷子センターまでやってきたんだそうです!

 

それから、こう続けました。「でも、薫ちゃんが黙っていなくなったから、お父さんもお母さんも、死ぬほど心配したんだよ。薫ちゃんがケガしちゃうんじゃないかとか、もう会えなくなっちゃうんじゃないかと思って、悲しかったんだよ」。

 

ここで、数秒間黙って娘の目を見つめて、私の心配や不安を娘にも味わってもらう時間を取りました。そして、「だから、もう黙って一人でいなくなったりしたら、いやだよ」。それから、「大好きな薫ちゃんとまた会えてうれしい」と、ぎゅーっと抱きしめてやりました。

 

3歳前の子どもにどれだけ伝わったか分かりませんが、その後、現在に至るまで迷子になったことがありませんから、きっと分かってくれたんだろうなと思います。

叱る≠怒る

叱責は、相手をより良い状態に導くための教育支援の一つです。そして、「叱る」は「怒る」とは違います。怒りは、指導のために上手に使うこともできますが、怒りに我を忘れて怒鳴りつけるというのは、怒りにこちらが振り回されている状態で、残念ながらそれでは教育支援とは言えません。単なる鬱憤晴らしです。こちらの気は晴れるかもしれませんが、教育的な意味はほとんどないと言っていいでしょう。

 

それどころか、最近の子どもたちはストレス耐性が高くありませんから、考えなしに怒鳴ってばかりだと、かえって自信ややる気をなくしてしまうかもしれません。

 

せっかくの叱責が、無意味な鬱憤晴らしに終わってしまわないためにも、子どもの言動にカーッと頭に血が上り、怒鳴りつけたくなったら、次のことを心がけてみてください。

  • いったんトイレにでも入って、頭を冷やしましょう。
  • 怒りの原因になった別のいやな感情(私の場合は、心配や不安)に気づきましょう。
  • これからどうして欲しいか、どうしてもらったらうれしいかを考えましょう。
  • どういう言い方、伝え方をしたら、こちらの気持ちや願いがうまく伝わるかを計画しましょう。
  • その計画に基づいて、怒りの原因となった気持ちと、願いを相手に伝えましょう。

 

次回も、効果的な叱り方について取り上げる予定です。

2009年8月号関連ページ

2009年5月号
お子さんが、家のお手伝いや困っている人のお手伝いを喜んでする、積極的で優しい人に育って欲しい。それは、親としての当然の願いでしょう。そのためには、親としてどんな子育てを心がければよいのでしょうか。
2009年6月号
押しつけでないやり方で、「こうなって欲しい」という姿をお子さんに伝えるためのヒントをお話しします。
2009年7月号
今回のテーマは「ほめる」です。
2009年9月号
前回に引き続き、「叱る」をテーマにお話しいたします。
2009年10月
今回は、周りの大人たちが子どもたちに贈ることができる、最高のプレゼントは何か……というお話です。
2009年11月号
子どもに自信をつけるには、大切に扱う必要がありますが、それにはどんな方法があるでしょうか。
2009年12月号
どうしたら子どもが「聴いてもらった」と満足するような聴き方ができるか、具体的なテクニックをお話しします。
2010年1月号
今回は、反抗期のお子さんを持つお母さんからの質問にお答えします。
2010年2月号
血液型占いって、本当に当たるんでしょうか?
2010年3月号
何が言いたいのかを、相手に上手に伝える方法についてお話しします。